【転職3ステップ】辞めるべきか?どうすべきか?自分で判断する方法

転職で成功する方法
小川準一郎
こんにちは!ストレスほぼゼロになるための情報発信を行っている小川準一郎(オガジュン)です。

いつも読んで下さって、ありがとうございます!

応援お願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックありがとうございます(^^)
(ランキングサイトにジャンプします)

今回は結構深刻な悩みが来ました。多くの人に経験がある内容かと思います。自分の経歴を考えて、今の仕事を辞めるるべきか、どうか?

です。以下、ご相談の内容です。職種に偏見が出てはいけないので、職種は伏せ字にしています。

仕事は3年続けたほうが良い?

私も読者さんと同じように、転職を考えたことがあります。というか、お恥ずかしながら、正社員で入職して、仮採用の期間で辞めた経験がありますし、現在の職業になってからも、3年目くらいの時に、同職種の面接を受け内定をもらい、内定をけった(双方の雇用形態の理解に不一致があったため相談し円満解決しました)経験もあります。その辺も絡め、これがベストだ!っていうのを紹介します。

これを読めば、転職のポイントが分かります。また、このケースの場合、今辞めるべきか、どうするべきか?自分で判断できるようになります。

なぜ転職したかったのか?

アルバイトやパートで職を転々とすることは、普通な気がしますが、正社員になって職を転々とするのは、どんな心理なのでしょうか?

私の場合は、この会社でず〜〜っと働いて、この人の右腕になるのか?…と、入職3ヶ月目に思ったときです。会社も、働いている方の人柄も良かったのですが、福利厚生がしっかりしていなかった。自分の将来に不安を感じた瞬間でした。

会社に対して愚痴を言っている先輩を見た時に、上司が変わらないという点も、とてもリスクに感じました。小さい会社ほど転勤はなく、辞めるしか身動きが取れないことがあります。実際、私も今の仕事を辞めようと思ったのは、そういった逃れられない人間関係からです。

他には満足していたのですが・・・で、就活をして内定までもらいました。転職予定先は人間関係、福利厚生とも人事の話では良さそうでした。しかし、入職直前の説明の段階で、聞いていた福利厚生面の話と相違点がありました。質問し、相談し、その結果、内定したところへ転職することはありませんでした。

家のローンさえなければ…と経済面の自由が無い自分を悔しく思っていること1年くらいで、同じ部署の先輩が上司と刺し違え辞めてくださったので、人間関係に少し変化が生まれました。そして、1年後自分がたまたま管理職になり、自分で環境を変えられる立場にもなったので、辞める必要がなくなった。という、現状です。

転職しようと思った時にするべき思考と情報の整理

就活する時にしておいて良かったことは、自分が転職で希望する状態を整理しておいたことです。内定までもらっていて、相手と相談し、トラブルなくスムーズに内定を破棄できたのは、そのおかげでもあると思います。何故か、今もその人事の人とはプライベートでのお付き合いがあるくらい円満解決しています。

会社を辞めずに残った時に、今後、この会社で何をしていくべきかも明確になり、結果、転職をしようとした機会は自分にとって、かなり実りのある体験でした。

私が転職しようと思った時に、実際にやった手順は以下のとおりです。

望む生活を紙に書き出す(5~30分)

転職は一生に何度もないし、ないのが普通です。それはなぜか? 結構エネルギーを消耗するし、生活が安定しないからです。転職で失敗する可能性を、何かしら感じるのであれば、頭の中を整理すべきです。

ということで、今すぐ15〜60分使って、仕事のことは一旦置いておいて、今の生活をどうしたいかを考えます。この作業が一番大切です。

今私が考えている生活とはかなり異なりますが、当時考えていた生活は以下の通りです。

家族とゆっくり過ごしたい。子供の送り迎えがあるので定時で帰れる。家に帰ってまで、職場で腹立つ人の事を考えたくない。経済的に余裕のある生活を送りたい。土日休みを取りたい。体調を崩さず、元気に過ごしたい。腰を直したい。公共機関1本、または歩いて通える場所が良い。家に帰ったら趣味に没頭したい。定期的に昔の友人と遊びたい。

などです。

3つのカテゴリーについて、3年後の望む職場を思いつく限りあげる(5~30分)

次は望む職場についてです。倫理観はとりあえず置いておいて、バンバン書きましょう。できれば、友達とそれについて話すと自分の本心が出やすかったり、自分が建前で言っていることに気づいたり、収穫が多いです。

その際3つのカテゴリーに着目して、望む職場像を出していきます。出にくかったら、最初にあげた望む生活を思い出し、その生活で出勤、勤務中、退勤、をイメージしてみましょう。

3つのカテゴリー
  • 人間関係
  • 時間
  • 環境

注意すべきは3年後くらいにしておきましょう。なぜなら、先過ぎる未来は現実的ではありません。例えば、法律の改正、社会の変化…外在する要因によって、あなたも私も10年後よりも3年後のほうが予想が付きます。

将来のビジョンを持つことは重要でそれについては50年以上先でもよいですが、今回はあくまでも就職のためなので、近い将来の方が現実的です。

家族とそれについて本心を出して話をすると、喧嘩になったりするかもしれません。相手にも関わる将来だから。ですので、家族とそれについて話すときは、自分のことではなく、相手の望む職場環境についてきいてみましょう。自分は相手の考えを、どう感じたか、捉えたかを、後で自分の望む会社として、加えましょう。

当時、感じていた望む会社は、

  • 人間関係:患者様を笑顔に、楽しい、仲間ができる、マイペース、若い患者様が多い、先輩がいる(所属長が医師か同職種)
  • 時間:儲かる(年収〇〇〇万円以上)、休みがとりやすい(土日休み)、サービス残業なし
  • 環境:信頼される、〇〇の資格が取りやすい、駅から近い(5分)、症例(〇〇)が多いところ、グループが大きい、グループ内転勤がある

などです。数字を入れ具体的に書きましょう。例)給料は年収400万円

1〜3年後の自分を今の会社と転職予定先の会社で比較する(5~30分)

3年後が難しければ1年後でも良いです。これも3つのカテゴリー(人間関係、時間、環境)で比較しましょう。この3つの分類は人間のストレスに大きく関与する内容です。

  1. 今所属している会社と転職予定先と優劣をつけましょう。
  2. 比較した状態で、そこで先ほどと同様、出勤、勤務中、退勤、をイメージしてみましょう。

一番最初に望んでいた生活に近づいていますか? 今の状況より劣る場合、どこまで許せますか?今よりも明らかに改善しているのであれば転職して失敗する可能性は限りなく低くなります。

転職だけが「全て」ではない重要なことに気づく

上記の作業を行うことで、重要なことに気づいた読者さんもおられるのではないでしょうか?これから、この会社で自分は何を優先して業務に当たるのか?です。

私の場合、福利厚生面が実際説明を受けた内容と異なること直前で気づき、転職を辞めました。思考し情報を整理することで、転職せずに継続して働くメリットがあることに目を向けることができました。辞めたい時って、良いところには目を向けにくいです(辞めないほうが良いと言っているのではありません。)

私の場合は、会社を辞めたくなったのが、自分のせいではないと今でも思いますが、自分が変わることで、職場を変えなくても、望む生活を手に入れることができると確信しました。

どうして、自分がこの会社せいでリスクを負う行動を取らなきゃいけないんだ!良い面は使い倒してやろう!!

今は、働きながら、いつでも辞めて稼ぐことができる道を、自分で選択し、投資や副業に力を入れています。ただ、それに割く時間や労力もストレスを生むことは事実であり、自分をコントロールしていく必要があります。

勘違いしてほしくないのは、副業がベスト考えることです。副業がしやすい時代になったからと言って、すべての人に当てはまるわけではありません。

何を選択してどう行動するか?(→私の場合、独学でアフィリエイトを始め2〜3年頑張りましたがストレス過多になりました。現在は正しいと思える方法に出会い行動に移したことで、本業・副業ともに良い変化が出ています。)

望む生活をイメージしてつなげていく、望む生活につながっていることを確認しながら柔軟にトライしていく必要があります。※一人では限界があるし、コスパも悪いと思います。実際、この記事を読むことで、思考が一変した人もいると思います。

【転職のポイント】今辞めるべきか、どうするべきか?自分で判断する方法

結局は自分が自分の責任で将来を決めていくしかありません。

私の場合は自分一人では無理と考え、自分をコントロールする方法や、正しいノウハウ、一人でやっていける考え方をこのセミナーから学び、現在実行中です。これに割くエネルギーは必要ですが、コスパは良いです。

転職するリスクをどこまでとるのか?しっかり考えて、未来をシミュレーションして、自分にメリットが一番ある方法を選択し実行することが重要です。

転職3ステップ
  1. 自分の望む生活をイメージする
  2. 今と未来の仕事を比較する
  3. 望む生活につながる仕事や手段を選択する

他の即実行できる方法はないの?

そんな時は、有名ブロガーの多くが参加するブログのランキングサイトをのぞいてみると良いです。

成功者の実践的なノウハウがカテゴリー別に日々更新されています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
私も成功者の情報を仕入れる時は、にほんブログ村を必ず除くようにしています。

どんな人でも、人生の変化は少しの行動から現れます。

今を変えるために最も重要なこと

行動できない多くの人は行動に移さない選択をしています。

最短ルート

今までの状態を変えたければ、今まで行ってきたやり方を変えなければ、何も変わりません。

自分が求めていたノウハウを知っても、その一部分だけ実践する方がいらっしゃいますが、現状は今後も変わらないでしょう。

理由は、あなたが今まで選択してこなかったことにこそ、変化するための答えがあるからです。

小川準一郎
質問しましょう、悩みを吐き出しましょう、変化は目の前、10分もかかりません。文章のうまいヘタよりも、今必要なのは一歩踏み出すこと!

以下のフォームより何でも良いので書きなぐってください。

あなただからできること、それは変化のための選択です。私に全力サポートさせてください。ご連絡お待ちしています。

必須 お名前(ペンネーム可)
必須 メールアドレス
必須 内容 何でも相談感想質問その他
必須 タイトル
必須 内容の詳細(50字以上)

2 件のコメント

  • ありがとうございました。今回のお話は、非常に分かりやすく、かつ転職について自分の迷いを整理することができました。転職先をまだ検討しきれていないため、現在と今後の比較が行えませんでしたが、メモに残すことでどうしたいのか明確にすることができました!

    • 自分の迷いを整理することにつながってよかったです。

      雇われる限りは、自身が置かれる状況で少なからず課題が出ます。
      盲点なのは、自身がスキルアップをすることで、今は満足していることでも、悩みにつながることがあります。

      転職を考えること自体は良いことと思っています。できる限り良い選択ができれば良いですね!

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください