自分じゃなきゃダメ?理想のリーダーがやっている仕事を任せ方

理想のリーダー
オガジュン(小川準一郎)
こんにちは!ストレスほぼゼロになるための情報発信を行っているオガジュン(小川準一郎)です。
さて、仕事のストレスってどうにかならないものですかね。仕事も4年も頑張れば自然と後輩ができます。10年も経てば、知らないうちに中間管理職になる人も出てきます。

平社員でも、管理職でも、誰かにとって自分の地位が上がれば、仕事も比例して増えていきます。何とか回せている理由はあなたが仕事ができるようになったから。理由はそれ一択です。

で、腹が立つのは、大して給料が前と変わらないこと・・・と言うか、上がってはいますが、増えていく負担と、給料の増加量が割に合わない。それがストレスの原因にもなっています。今回は、給料に見合った自分の働きをする方法を提案します。

これを読めば、増えていく業務量を自分でコントロールできるようになります。

突き抜ければ何かが変わる。上司が求めることから外れてはいけない。

人間欲深いし自分の置かれる環境しか知らないので・・・職場で突き抜けていかない限り、給料も突き抜けることはないと思います、でも突き抜けすぎるとウザがられて消される(苦笑)

突き抜けるにしても、上司の考えから、それないように身を守ることが、うまくいく秘訣です。上司の考えを良いものにしたり、現代的な思考を付け加えてあげたりする。それを上司の手柄にしてあげる。リーダーの定番の戦略です。

でも、そのように上司をフォローするには、あなたの仕事を減らすしかありません。だってすでに忙しいでしょ? 突き抜けるにしても、上司のフォローに割く方向性と、時間を検討する必要があります。

何をすれば良いか?上司が目指す指針に沿って、自分しかできない仕事さえすればいい。

日本人は身を削る傾向にあります。

でも、リーダーシップを発揮できる同期や、昇進した上司はどうですか? 高給取りの方々は、身を削っている部分も当然ありますが、そうでもない部分も一杯あるのではないでしょうか?

  • 絶対条件:方向は上司が目指す指針に沿っていく
  • 方法:自分しかできない仕事をしていく=他の人でできる仕事は正しい方法でシェア(共有)していく

あなたがやることは、これだけです。成功する人、慕われる人の多くは、これを実践しています。皆で仕事をシェア(共有)できるというところがミソです。

スタッフのモチベーションを維持しながら、仕事を任せる方法

スタッフのモチベーションを維持するためには、皆の業務量を平均化させることと、成功体験をさせることが重要です。同期であなたと差がないのであれば、感謝すれば良いです。気持ちよくさせてあげましょう!

そのポイントを押さえればうまくいきます。具体的な手順は以下のとおりです。

仕事を任せる手順
  1. 自身の仕事を棚卸しし、自分しかできない仕事と、そうでない仕事に分類する
  2. 他者でも簡単に行なえる仕事を任せることとする
  3. 仕事の進め方を伝える
  4. 仕事の期限を伝える
  5. 結果をイメージさせる
  6. 定期的にコミュニケーションを取って、負担になってないかどうか確認する
  7. 負担であるなら、サポートを出す/する
  8. 少しずつ提供する仕事のレベルを上げていく
  • 同じポジションの人に仕事を任せる場合は、悩み相談みたいなところから始めると上記の手順に準じて行えます。
  • 任せる相手は2人がベスト。3人以上になると、やらない人が出てくるから。3人以上になると、コチラもフォローが大変になるから

以上のように、あなたが今まで請け負っていた仕事を、放出していけば、しだいにあなたの時間は増えていきます。上司の考えに沿って、仕事を任せていっているので、上司も知らないうちに仕事がはかどっていく。

それはなぜか?あなたがリーダーシップを取って、仕事を効率化してできた時間を、上司に献上することができたからです。

つまり、これって、できる人みんながしていることで、評価されるポイントだったりするんですよね。

その仕事、自分じゃなきゃダメ?理想のリーダーがやっている仕事を任せ方を実践しよう!

日本人は自分の身を削る傾向があります。仕事ができる人は皆、仕事の任せ方がうまいです。

その任せ方を真似ると、自分の仕事は減るし、後輩も育つし、自分が評価されます。実践していかない手はありません。

仕事を任せるポイント
  • 自分でなければいけない仕事ではない
  • 任せる時は2人がフォローができるし、自分だけ仕事が増えた感がないので良い。
  • フォローをして成功体験を積ませ、良い評価を与える。
オガジュン(小川準一郎)
どうでしたか? 試せそうなものは積極的に試してみましょう!

・・・と、その前に、まずはあなたが現在抱えているストレスをほぼゼロにするために、何をすべきか整理することをお勧めします。

あなたが普段誰にも言えないイライラ、もやもやを吐き出し、私が整理する。たった2ステップで、ストレスがほぼゼロに近づきます。些細なことでも結構ですので、いつでもいらしてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください