PC作業を長時間可能な棚をDIY。腰痛、肩こり予防できる環境を!

PC作業に最適な棚をDIY
オガジュン(小川準一郎)
こんにちは!ストレスほぼゼロになるための情報発信を行っているオガジュン(小川準一郎)です。

パソコン作業って腰痛、肩こり、ひどい時は頭痛など、人によって症状は様々ですが、体に不調をきたすことってないですか?

今回は、パソコン作業の環境を見直して、体の不調を予防する方法を紹介します。これを読めば、体にとってパソコン作業に最適な環境が分かります。

人間は座るようにできていない。座りすぎると姿勢が崩れる。

座って作業をする時間が長くなると、誰しも何かしら体に不調をきたします。

代表的なものは肩こりと腰痛、頭痛です。

なぜか?→「人間は本来、立って活動するようにできているから」です。

人間は座るようにできていない

坐骨とは、座るとお尻の下に来る硬い骨のことですが、そこで体を左右均等に支えることで、ある程度良い姿勢を保つことができます。

しかし、腹筋と背筋のバランスは崩れやすく、反り腰や猫背になってしまいます。

猫背

そうなると、崩れた部分は体が自動的にその部分を支えようと頑張るため、腰痛→肩こり→頭痛などが出てきます。

ブログで情報発信をするのは好きだけど、ず〜っと座って作業をするのは、ヘルニア再発を起こしかねないと不安に感じます。

俺、私、腰痛ないし!って言う人も、年を取っていくわけで腹筋、腰背部の筋肉のバランスは必ず崩れてきます。

腰痛予防だけは絶対にしておくべきです。

立って作業できる環境を構築しよう!

腹筋と背筋のバランスが崩れる

要は、長時間作業をするにしても、なるべく座ってやらず、立って作業をできるようにすれば良いんです。

寝転んですれば?と思われるかもしれませんが、寝転んで作業をすると、反り腰を助長して腰をやっちゃいます。おすすめできません。

立って作業をすることは、腰痛、肩こりの予防だけでなく、目を覚まさせてくれる作用もあります。

仕事をするにしても集中したければ、立ってやると効率アップです。

ということで、立って作業できる環境を整えましょう!

DIYでPCモニターを壁掛けできる棚を作成しました。

狭小住宅の私の家にはたって作業できるような家具を設置することができません。そこでデッドスペースの窓枠を利用しました。

1×4をホームセンターでカットしてもらって、定番のディアウォールを使えば、組み立て可能です。

所要時間は2時間。窓枠に見た目もいい感じ、壁掛けモニターと棚を作成できました。

壁掛けモニター DIY

パソコンのモニターは350円位の金具に引っ掛けてあるだけなので、簡単に取り外し可能です。

壁掛けモニター DIY

HDMIとモニターの電源コードをつけ直すだけで、座って作業と立って作業を切り替えることができます。

壁掛けモニター DIY

PCを長時間するなら、立って作業できる棚をDIYしよう!

  • 人間は立って生活するようにできています。
  • 座って作業を続けると、腰痛、肩こり、頭痛など体に負担が出ます。
  • 立って作業をすると仕事もはかどります。
  • もしかすると、DIYで、あなたに適した環境を作れるかもしれません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください