当てはめるだけで論理的思考、行動力、前向きな思考が身につく方法

論理的思考
小川準一郎
ご訪問ありがとうございます。今の自分を突き抜け、ストレスほぼゼロで充実した毎日を過ごすための生き方を、インストールする支援をしている心理系専門職の小川準一郎(オガジュン)です。

いつも読んで下さって、ありがとうございます!

応援お願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックありがとうございます(^^)
(ランキングサイトにジャンプします)

さて、ストレスをほぼゼロに近づけるための手段としてアファメーションはかなり重要な技法だと捉えています。寝る前と起きた直後に理想の自分を想像しながら、声に出し復唱することで、理想の状態の自分に近づける行動をとるようになる、という不思議だけど効果絶大でシンプルな方法です。

ですが、どんなに簡単で良いと言われる方法でも、いざ継続していこうと思うと難しいと気づきます。今回はアファメーションを継続しやすく、効果的に行うノウハウを2回に分けて紹介します。

これを読めば、理想の状態を現実にする方法が学べ、実践することができます。

4行日記の良いところとは論理的に考え、継続しやすいところ

【事実】【発見】【教訓】【宣言】をそれぞれ1行で表現する4行日記というものがあります。以下、実例。

  • 事実:彼女ができない。
  • 気づき: 気軽に声をかけられないのは自分の顔に自身がないから。
  • 教訓: 見た目はだめでも話題豊富な楽しい男になってやる。
  • 宣言: おれは女の子にモテまくっているイイ男です。

「4行日記」小林 惠智より

【宣言】の部分がアファメーションになっています。慣れてくると数分で行えるほど簡単なものであり継続しやすい魅力があります。この4点に当てはめるだけで、論理的な文章になります。つまり、継続することで論理的な思考が身につきます。

気に入った4行日記を、寝る前と起きた直後に理想の自分を想像しながら、声に出し復唱することで、理想像に近づく行動をとるようになります。

4行日記は自分の考え方を見直し実践的な方法である

【事実】【気づき】は自分を受け入れる為の重要な要素です。自身の問題でストレスが多い方もたくさんいます。自身を受け入れる事でストレスは激減することがあります。

【教訓】があることで、【気づき】について、自分が思っていることは「本当か?」と考えることができます。自分を客観的に捉えることができるようになり、自分の長所を活かす発想が生まれます。【教訓】は自身の行動計画であり、良い計画であればあるほど人は勝手に行動します。一番4行日記の効果を実感する部分です。

4行日記は生活につながり易い魅力があります。

5行日記のススメ

5行日記とは4行日記に似ていますが、【アファメーション】に適した、論理的な思考、客観的な視点を得るために適した、4行日記と全く異なる日記です。4行日記が日々の生活の反省から生まれたアファメーションで、ボトムアップ式(積み上げ式)です。

一方、5行日記はアファメーション内容を実現するために、自分はどうしたらよいか? 自分はどう考えるのか? という、トップダウン式(上意下達方式)です。以下、5行日記の実例です。

5行日記の手順
  1. 【宣言】アファメーションを続けている(←つぶやかれたアファメーション)
  2. 【教訓】アファメーションは心の底から信じることが重要だ
  3. 【事実】つぶやかれたアファメーションには共感できるが、自分にしっくりこない
  4. 【気づき】自分の言葉だったら、心の底から信じることができそうだ
  5. 【アファメーション】自分の言葉で表現した明確な目標に向かって毎日アファメーションしています

【宣言】目の前にあるお題に対し、【教訓】課題を分析し、【事実】今の自分にあてはめるとどうなのか? 【気づき】自分だったらどうしたらよいか、【アファメーション】具体的で明確な理想像ができあがる。

4行日記と全く違うのは【宣言】部分がトップにくることで、反省点からの気付きではなく、良いな〜、うらやましいな〜という、理想の状態を中心に、考えることができる。理想像へのショートカットができるところです。

5行日記では【宣言】(=つぶやかれた他人の言葉)に対して、そのメリットや、自分が現在どうなっているかを振り返り受け入れるところに重点が置かれています。一方で、当然ネガティブなワードが出てしまいます。

つぶやきで【宣言】された内容に対し、【教訓】にあたる重要な部分をとらえ、【事実】として現状を振り返り、打開策を自分に【気づき】として提案し、すべての内容を網羅した言葉で表現する【アファメーション】。一見ネガティブな表現が自分を苦しめる?可能性があるかもしれませんが、それを少しでも乗り越えるヒントを自分の中から生み出すことができる手順であり、大変重要です。

トップダウン式で生み出された【アファメーション】が自分により適した内容で表現されることで、最短で自分の問題を解決する行動の糸口となります。自分で作った【アファメーション】のみを復唱すれば良いんです。

良い言葉に触れ、論理的に分析し実行する習慣で、自尊心が高まり人は変わる

自分が想像する良い言葉でもいいのですが、他人が言った名言や、良い言葉に触れることも、自分の視野を一気に広げる近道になります。アファメーションは自分のことだけでなく、「自分を取り巻く方々に良いことが起こる」という内容でも、自分に良いことが起こります。

「自分を取り巻く方々に良いことが起こる」という内容を考えることは、他者に貢献することであり、ボランティア活動のようなものだからです。

他者貢献は、社会貢献と同じで、自尊心が高まります。自尊心が高まると、自己受容感も高まり、マイナス思考の人も、前向きな思考に変わっていきます。

他者のアファメーションつぶやきを分析してみよう!

当ブログでは、一日数回アファメーションできるツイッターのフォローをオススメしています。いいね、リツイートされた例文を紹介します。リンクがあるものは、私が5行日記を作ってみたものです。具体的に、論理的になっていることがわかります。興味がある方は参考にしてください。

最近「いいね」「リツイート」された例文

自分の周りの人にも前向きなイメージを持つことも有効!

人間って不思議なもんで、想像し続けたことは実現する可能性が高まります。さらに、論理的に考えることで、達成する可能性はさらに上がります。その時は半信半疑でも本当になります。まずは良い感情に触れること。触れた内容について論理的に考えること。

当てはめるだけで論理的に計画・実行、効果の確認が行え前向きな思考で満たす方法

論理的思考、行動力アップ、前向きな思考、これらが今よりも高まると、あなたはどうなりますか? 今よりも、自分が好きになり、周りの人もあなたのことが好きになり、社会に今よりももっと認められた存在になります。

まとめ
  • 自分の言葉で具体的に表現された【アファメーション】には効果がある
  • つぶやかれた【宣言】と5行日記で、自分を受け入れ、自分に合った具体的な【アファメーション】を作ることができる
  • 5行日記をすれば、あなたは、自分が好きになり、周りの人もあなたのことが好きになり、社会に今よりももっと認められた存在になれる
オガジュン(小川準一郎)
どうでしたか? 試せそうなものは積極的に試してみましょう!

・・・と、その前に、まずはあなたが現在抱えているストレスをほぼゼロにするために、何をすべきか整理することをお勧めします。

あなたが普段誰にも言えないイライラ、もやもやを吐き出し、私が整理する。たった2ステップで、ストレスがほぼゼロに近づきます。些細なことでも結構ですので、いつでもいらしてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください