就職前から失敗していた療法士が1つの出会いで3つの自由を手に入れた話

プロフィールに興味を持って下さってありがとうございます。読めば身になるノウハウも散りばめて自己紹介していきます!ぜひ最期まで読んで下さい!

病院勤務で部門責任者を10年つとめ、療法士だけでなく一般スタッフの教育に携わってきました。ブログやSNSを利用したカウンセリングやコンサルも5年目に突入(2019年現在)

情報発信、療法士業務の実績

当初はSTモースというニックネームで「言語聴覚士ライフ」というブログで活動していました。最近はSNSのDM中心の活動ですが、ブログランキングでも1位をとったりなんかもしていました(^^)

今まで、学生や新人療法士のコンサル、アドバイス、なぜか一般の方の人生相談までも行ってきました。最近、最も力を入れているのは、社会に自分の価値を提供できる医療従事者になって頂く事、もう少し具体的に説明すると、下記のような状態に読者さんを支援してます。

スタートダッシュの時期(学生〜新人時代)で周りから良い評価を得られやすい状態、スタッフだけでなく、利用者様/患者様に受け入れてもらえる医療従事者に育成すること
これからの時代を生きる今の時代にあった社会的な知識・スキルを身に着けていただき、医療従事者だけでなく、独りの人間として社会に求められる視点を身に着けていただくこと
他者評価に振り回され「医療従事者に向いていない」「この職場にあっていない」「何で医療従事者やってんだろう」と自信ない・迷っている医療従事者の状態を、180度変え楽しく変化させること

です。最近の相談者さんからの声は以下の通り。

口コミ

臨床2年目:Rさん(女性)

論理的な考え方を実践を通して学ぶことができ、少し考える力が身に付いたのでよかったです。以前より少し自分を肯定的に見ることができるようになったのでよかったです。また、以前より客観的に自分のことを見ることができるようになったのでよかったです。精神面のアドバイスをしていただけたこともよかったです。
メール講座は期待以上でした。課題のアドバイスをしていただくだけでなく、優しい言葉がけが嬉しかったです。
メール講座の難易度は●●●●にわけることなどやったことのないことが多かったので難しかったです。でもヒントがあったので課題に取り組みやすかったです。

臨床1年目:Tさん(男性) オガジュンさんの指導を受けて一番良かったのは、自分がこの仕事に向いていないのではなく、自分を活かしきれていなかっただけと気付かされたことと、先生が教えてくれた●●はすべてのノウハウに応用が効くことです。 実際の場面では、今まで受けていた先輩の指導の意味がわかるようになったことと、他職種に求められている実感を得られるようになったことです。もちろん、残業がほぼなくなったのは一番でかかったです。 ●●を使って3年後は働き方を選べる療法士になること目指していきます。
皆さん、受講後に変化があったためか、レベルの高い感想をしてくださってます。ちょっと意味わからないところもあるかもしれませんが、私からも伝えたいことは、専門技術の知識・主義を勉強する前に、インストールすべき思考・勉強法に気付けたところです。
なんだか、うさんくさい?
申し訳ありません。うさん臭さは何とか払拭したいです。上記の口コミ、メール相談についてに書いてあるとおり、丁寧に行っていきますので、いつでも声をかけていただければと思います。
過去の自分と同じ状況に読者さんにはなって欲しくないという想いから活動しています。
コンサルを通して私の経営スキル、指導力アップが期待できるから、実施しています。

自分と同じ目にはあってほしくない。悪いレッテルを貼りまくるクソ上司を消したい!

私は1年目に「コイツは何を考えているか分からない&使えない」というレッテルをはられ3年間苦しんだ経験があります。

レッテルを貼ってくる奴らが許せない!犠牲者を増やしたくない!

療法士の中でも言語聴覚士というマイナーな職種で、新人の私が部門の立ち上げ一人でやってたので、お互い意味わからなかったのでしょう。

仮にそのせいだというのであれば、先輩方の指導の仕方に疑問を覚えます。特にベテラン勢の発言に「ありえん」と残念に思うパワハラ的指導が多いのもしばしば。

せめて、レッテルを貼ったやつがちゃんとレッテル剥がすんなら、悪行に目をつぶってやってもいいんですけど・・・

レッテルを貼ってくる奴らにレッテルを剥がす能力は皆無。医療の業種の文化も影響してる。

レッテル貼ってくる奴らって、レッテルを貼って広めている自覚がない、どうしようもない奴らなんです。

一般企業で働いた経験もあるのでわかるのですが、医療の世界の教育ってちょっと異質です。

他の文化を認めないというか、相手の文化がわからないから、相手の存在が悪い/認められないってのがまかり通る社会というか。

レッテルを貼ってくる奴らを改心させるのは最も無駄

今は先輩管理職にたてつく権力も備わったため、時代錯誤の管理職を現場に害を及ぼせないポジションに追いやる努力をしています。

なぜなら、そんな先輩管理職は改心する能力がないのと、改心させる私の労力が無駄だからです。

ただ、それさえも その努力も無駄だと感じ、閃いたのが、療法士だけしか通用しないスキルは後回しにして、誰からも求められる人材になるためのスキルを最優先に学生〜新人へ指導し、クソみたいな先輩をさっさと追い抜いていただく。

簡潔言うと

私が情報発信&コンサルをして、読者さんには1日で、周りをぶち抜く思考をインストールする。

害を受けない方法を学んじゃえばいいんです。クソ上司にいつでも勝てる能力をつけちゃえばよい。

実際、私が管理職になってからは、新人の指導は仕組みとして部門の教育制度にしてしまったので、寿退社以外の退職はなくなってます。

教育制度の仕組み化

私も私のマンパワーだけでは限界があるので、私が動かなくても組織の仕組みで、私が提案した教育をしていただこうと取り組みました。

私が経済学部経営コースの大学で学んだ知識と、いま学んでいる起業家育成の専門学校から得た技術を駆使した、教育制度としてオートで新人が育つ仕組みです。

残酷かもしれませんが、過去の異物はついていけないので、上司といえども、居心地が悪くなって異動される方もでてきて、随分心地よい職場環境となっています。何よりも信頼できるスタッフで溢れているのは、誰にとってもよい。

猿山の大将、レッテルを貼りまくる上司の末路

○○さん、最近変わったよね〜(気づくがまだ焦ってない) →○○さんのやり方ってずるくない?(自分よりも優れていることを認められない) →○○さんって成長したね(自分のほうが上だということを悟られないようにする) →後輩から指導され腹をたてる →パワハラ →異動

レッテルを貼るクソ上司は、言動のコントロールさえできないんです。いままでのツケです。

読者さん・後輩に感謝していることと、私にできることはあなたにもできる

 読者さん・後輩と関わりを持つことで自分自身の指導もレベルアップして感謝しかありません。最近は自己肯定感が低く、自己評価がすこぶる悪い、臨床歴に関わらず使えないレッテルをはられているスタッフや、確かに今は役割が果たせていないスタッフを中心に指導をしています。 これが一番面白い。

自分の指導でレッテルを貼ってきた奴らを超える瞬間に立ち会え、使えないという理不尽なレッテルを貼ってきてた奴らの目の色が変わるときが、指導者としてたまらない!指導してきたスタッフには半端なく感謝されるので、すごいやりがいを感じるんです。

仕組化もそうですが、それなりに学ばないとできないことが、世の中にはたくさんあります。学べばできるようになります。

凡人の私が時間をかけてやってきたことは、読者さんも同じ時間をかけないとできるようにならないか?

そんなことはない。重要なエッセンスさえ学べばよい。職場では伝えていいことと、倫理上駄目なことがあり、教育には3〜6ヶ月の期間を使います。でも、ブログは私のルールでコントロールできるので、最短1日で重要なエッセンスは習得可能です。

人が期待する価値を標準化させるものはお金。すなわちあなたの社会的価値は対価(お金)

医療従事者になってからの最初の3年間は地獄でした。21時退社&持ち帰り残業。先輩ゼロ&同職種ゼロで誰も教えてくれない。今のようにスマホはなく、情報はなく、独学の日々・・・自由はなかったし、自由になる目処が立たなかった。
突然ですが、日々満足していますか?
学生さんにとって、目の前の課題を突破していくことが仕事ですし、突破とは壁を都度乗り越えることなので、やり遂げた満足感を感じやすい環境にあります。なので、満足しているかもしれません。
医療従事者って、自分で対象者、つまりサービスをしたい人を選べるわけではない。その所属する病院・施設の受入状況によって、コチラが合わせていく必要がある。自分の役割を見出すって、気持ちの切り替えも技術の一つになってきます。満足は自分で作り上げていくものにせざるを得ないのが現状
患者様は選べない、書類業務、管理能力など、医療従事者として自身が得とする専門性を振るうのは限られた部分でしかありません。明るいビジョン、自分自身が活躍しているビジョンを持つことは推奨していますが・・・
そのビジョンは現実的ですか? ちゃんと正しい方に向かっていますか?
ほとんどの実習生のビジョンは、専門家のみのビジョン。そりゃ社会にでたら医療従事者としては失敗する(^_^;)
医療従事者になるときに、自分、身内が医療にお世話になったなどの、具体的なきっかけがある方は、イメージできることが多いのですが、それはそれで世界を狭めてしまっていることもある。中途半端なビジョンをイメージしていることは、自分の価値を正当に表現できないことにつながっています。
<辞めていった同僚>
対人関係が基本となる業務でストレスにつぶれてしまう
維持が限界なのに機能が上がらないと役割不足と感じ潰れてしまう
自分の好きなことだけやっていることに気づけず周りから認められずアウトロー・・
ビジョンって、かなり重要!間違っているくらいなら、ぼんやりしている方が言い。ぼんやりしているよりは、現実的でそれに向かっているとよい。なので、ビジョンってかなり重要なのですが、それだけを目指してても、満足な日々なんてやってこない。
現実的なビジョン > ビジョンぼんやり > 間違ったビジョン
医療従事者のビジョンが現実的であれば、満足な日々が待っているのか?
満足な日々は待っていません。
医療従事者としてのあなたと同じくらい、あなたの人生を大切しないといけない。
人生が充実していないのに、医療従事者としてのあなたが満足するはずありません。
つまり、自分が心底で思っていることと、同じでないといけない。人生の中心は年代によってテーマが変わる。だから、表面上は
仕事>プライベート となる時期があったり
プライベート>仕事 となったりする
だけど、本心を騙さないようにしないといけない。周りに振り回されてはいけない。新人のうちは!今は頑張りどきだから頑張って!と言って、動いてもしんどいだけで、日々満足は感じない。各医療従事者の倫理観だけでは仕事できないって、なっちゃいます。
ちょいムズの、抽象度の高い説明かもしれないけど、よく分からない人が、陥りやすいんだと、理解して下さい。とにかく、よくわかんなかったら自分ヤバい!それが訪れたときにあの事かと思いだしてほしいけど、その時はしんどくて対応無理。そうならないように今から予防しておいてほしいけど、予防なんて人間怠け者なので無理。じゃ、どうする?
気づけた人だけが乗り切れるんですよね。

現実的なビジョンとは

学生さん〜新人さん、特に卒後〜新人さんがやりがちなことって、現状の生活を
医療従事者として一人前になることだけに全力を注ぐ。
絶対に避けたほうが良いです。
その理由は、人生って6つのテーマに分かれているから!
参考:次世代起業家育成セミナー (オガジュン改変)
また、注目してほしいのは、このピラミッドの上にいくほど優先にしていかないと、自由や満足は、人生において得られない、効率よく好転しないということ。
オガジュン
(小川準一郎)
これから医療従事者を目指している人や新人さん、社会に価値を見出して対価を得たい方は、仕事の位置づけを今の時点から理解した上で、医療従事者としてのビジョンをもう一度考えていただきたい。
療法士は人生のたった一部でしかない、決してメインではないということを知り、療法士だけに注力するのではなく、同じくらい自分の人生(①お金 ②異性=家族 ③健康)に注力すべきです。
ここで初めて、人は仕事に満足感を得ることができます。
私は、死にものぐるいで2年目で結婚し、偶発的に①お金 ②異性=家族 ③健康について考えさせられました。
でも、当時は焦りだけで、①お金 ②異性=家族 ③健康 がうまく回ることはありませんでした。当然、日々の充実感はない、むしろ、自分の時間は激減し、イライラの日々。そんな私を支えてくれた妻には感謝しかありません。

①お金 ②異性=家族 ③健康を正の循環に回すためには正しい知識が必要です。

医療従事者の給料がそこそこなのは最初だけ。上がるのは夜勤など重労働でのオプション部分。

で、ネックになるのが給料の少なさです。
これは私の反省点で、参考にしていただけたら良いのですが、給料に見合った生活をすべき。
特に豪遊はしてませんが、便利さを最優先で、家のローンを組みましたが、家を買うのであれば、医療従事者には医療従事者の給料にあった家をかいましょう。
お金がないと人生は負のサイクルに陥りやすい。日々の満足感も得られにくい。
仕事を辞めたいと相談に来る方の多くは、会社の環境に目が向いています(≒辞めたら解決するだろう)が、間違いなくこの6テーマ、特に3つのテーマに課題があります(≒辞めた時はスッキリ、でもまた問題が見えてくる
医療従事者として、給料をあげようと思ったら、管理職になることかなと思います。
実際、管理職手当は数万円で、数万円給料あげようと思ったら、一般職員だと何年もかかります。ただ、ストレスや療法士として患者様・利用者様と関わりたいのに充分に関われない不満はたまります。私はマネジメントや仕組み化が好きなので満足感を得ながらやれてますが・・・ここをどう考えるかです。
でも、これって、現実的なアドバイスにはならないですよね。で、私が推奨するのは、今の時代にあった医療従事者に適した副業です。つまり、あなたの医療従事者としての実体験を社会にサービスとして提供することです。これって、しばらくニーズありますよ。 
自分にはできないという人は、別にしなくても良いですが、「私にはできない」という自分ってどうなんでしょう、否定はしませんが、それ自体変えたくないですか?
副業は敷居が低くなっています。やり方によっては対価も得られるし、スキルアップもするし、いろんな人生のテーマが充実してきます。A変わらなくて良い、B変わる 選択するのは自分。とうぜん私は情報発信で、Aを選択してくれた人を最大限サポートできればと思ってます(^^)

副業戦国時代

今は個人で起業が簡単に出来る次代です。それもリスクゼロ、本業よりも稼げる。100万くらいなら時間もかからない。スゴイ時代です。

副業禁止について

副業は就業規則でダメってとこがほとんど。就業規則で副業が禁止されているのは、メインの仕事に支障を出されては困るからです。

例えば、休日や帰宅後の休息時間を他の仕事で休めない。他の仕事でトラブルを起こすとメインの業務どころか社名に傷がつく。
十中八九、読者の皆さんに当てはまるのは、ビジネスを始めることに苦手意識があり、就業規則をやらない理由にしている。しかたない、気持ち。だって怖いですもん。知らないことって抵抗があるのは当然なんです。私もそうでした。
でもね、社会的に悪いことでなければ、仕事に支障がなければ、つまり、あなたが社会的に違法な事をして、対価を得さえしなければ、トラブルなんて基本起きないです。
時代遅れの医療従事者に嫉妬されるだけ、嫉妬はある意味私にとっては栄養(^^)です。それだけ、その人とは違うところにも社会貢献できている証拠!
陥れようとする人がいるかも知れませんが、それは、医療従事者の給料よりも、副業のほうが勝っていることを知られたときだけです。その状態って、あなたは、ほぼほぼ自由ですし。どこにでも行けるし、職場からは求められている能力を備えているのは間違いないです。
陥れる人は、職場での地位は低い、高くても人事からは相手にされない人なので、「ヘイヘイ」って言っときゃいいんです。

実際の現実的な副業について思うこと

兼業農家の人を悪く言うつもりはないですが、公休日に農業やって、疲れて休み明けに急遽休むとか、ダメでしょ!それなら、計画的に有給をとって下さい。それさえできない人が、農家やっちゃダメ。情報発信のほうが圧倒的に体調管理できます!(自律神経失調症になってた私の体験より)
FXなどの投資で、休息時間を費やし、日々寝不足、仕事中もソワソワでやっている方もやっぱ良くない。
実は過去の私なんです。年間80万くらいの利益でしたが、完全に仕事の質は落ちてました。投資も暗黙の了解ですが、向いている人と向いていない人がいる。私には向いていませんでした。私が投資を辞めたときに気づきませんでしたが、今思えば、人生の6テーマで、家庭、健康、仕事、精神、にかなりの影響を与え限界にきていたからだとわかります。
フリマアプリの活用、せどりも、今は安定収入できます。実際、数値化すれば、どれをどれくらいで仕入れて、どれくらいアクセスを集めれば収入が得られる。なんてこともわかり、機械的にお金を稼ぐことも可能です。
実際、私がフリマを活用した一部を紹介します。ビジネスの基本が分かっているので、実績がなくても余裕で売れます。そういう意味で、フリマの活用はかなりレベル高いし、ハードルは低い。

圧倒的にFXよりも気持ちが楽でしたが、購入者さんとのやりとりが面倒くさく、やりとりでレベルアップする自分を感じなかったので、辞めました。今は、時々、優良案件があるとき(1万円程度儲かるもの)のみ、やってます。

お金を稼ぐことを舐めているヤツが多い

時々、副業やお金稼ぎについて、読者さんから相談があります。(リハビリ専門職、柔道整復師、鍼灸師さんに多い)

専門的なスキルがあるから、起業しさえすれば儲けることができる、それを副業でやれば、月10万くらいは稼ぐげると思っている方がいらっしゃいますが、まずありえません。

儲けられるかどうかは専門性、開業権、学生、療法士どれも関係ない

開業権が必要なことをしたければ、専門的知識はなくても開業権がある人を雇えばよい。そもそも技術職の専門性は、手となり、足となり働いて対価を得るスキル。

会社で働く以上に儲けることが、専門的スキルがつくだけでできると思ってないですか?
運良く、短時間で稼ぐようになる人はいるかもしれませんが、1000円稼ぐことも容易ではない人がほとんど。
運良く稼いだ人も起業・経営の知識のベースがないので、次成功する保証はない。で失敗、よく聴く話です。

その理由は、ビジネスのスキルがないからです。至極真当な理由です。そもそも、自分が専門技術で開業して、自分がマンパワーになってしまっては、独立企業の意味って、コスパに見合っているかどうかが変わるだけ、運良く、会社に所属していたときよりも稼げる程度で、会社のときよりも、責任も、業務量も多くなって大変なんです。

つまり、自分が労働者になるにしても、できる限りその役を減らせる仕組みが必要なんです。

なぜか、お小遣い稼ぎ・副業という言葉になると、数万円くらい楽に稼げると思いがち。売るためにフリマアプリに登録して、数百円のためにかなりの労力を割いて、人生削っているのが関の山です。

そんな状態なら副業も、お金稼ぎも今すぐ辞めましょう!甘く考えている人は、辞めたほうが良い、節約一択で良い。

実は、過去の自分もそうでした、私は時間はかかりましたが、稼ぐことを諦めず、ビジネスの勉強をしたら、結果は激変しました。べつに、療法士として副業をしていないですし、療法士だろうが、学生だろうが、開業権があろうが、なかろうが、全く関係ありません。
あれ?オガジュンはフリマ実績ないのに簡単って言ってなかった?
簡単です。ビジネスの基本を勉強し、ベースのレベルが上がっているので、様々な分野で応用できてます。以下の画像をご参照下さい。

ノウハウ センス

起業センスとは

ビジネスで成功できる人のスキルを数値化したものです。内容は、物事を抽象化したり、自分のマネジメントをしたりできる力のことです。一歩引いて自分を俯瞰する力がつくと、次どうしたら良いのか?とか、修正して適した状況を生み出したりすることができるようになります。表現は様々ですが、世渡り上手になります。

起業センスが低ければ、世渡りは不器用、高ければ器用。そんなところです。どんな専門スキルがあっても、器用に使えなければ適切に活かすことはできません。反対に、起業センスが高ければ、専門性が高くなくても、適切にその状況に合わせて活かし切ることができます。

周りにいませんか?対して努力していないはずなのにうまくいく人。対して知識がないのにテストの点が良い人。対して技術がないのに成果を出すのがうまい人。その人たちは多くの場合、起業センスが高いです。あなたはどのくらい?成功する可能性が高ければいいですね!

抽象化したり、自己マネジメントしたりする力があれば、現状のスキルのまま、実際の場面で効果的に活かすことができます。ノウハウコレクター化(医療従事者ではセミナーに行きまくってモチベ維持している人)するのを避けることも、無駄な努力と言われることも回避することができます。

医療従事者にしても、副業にしても、様々なノウハウスキルにしても、起業センスがベースになっていて、起業センスを高めることで、有効にそのスキルを活かし切ることできます。とにかく早いうちにある程度高い水準の起業センスを身につけたほうが良いですよ。

起業センスの数値については以下の通りです。

私の学生時代の学力と現在の起業センス

私の高校生〜浪人生時代のセンター試験は、初年度約400/800点、浪人500/800点。国語に関して言えば、偏差値30を切ることは珍しくなかった。決してサボっていたわけではなく、今思えば、努力が報われない状態であったんです。多分すこぶる起業センスは低い状態。高校時代は参考書のせいにしていたな・・・参考書コレクターのようになってました。

アフィリエイトをするにあたって、情報教材というものを購入して、それを参考に実践してきましたが、それだけではうまく行きませんでした。実際、私も当時起業センスは低かったのだろうし、うまくいかなかったのは、ノウハウのせいにしていたんです。

ところが、あるビジネスの講義をうけて

見えていなかった世界が、見えるようになりました。会社でも、プライベートでも。

起業センスは、学校の勉強では学ぶ分という思考のベースになるもので、私のような凡人でも、学べば身につけることができ、効率よく自身の力活用できるようになる、再現性の高い能力ということです。

起業センスが上がった状態でのコンサルの成果

世の中稼ぐ系のノウハウで溢れています。使える/使えないと評価をしている人がいますが、実際、そこまで使えない情報はない。

稼げている人は、ノウハウの前に起業センスを、人生の中で学んできたのだと、測ればきっと高い人、家系で頭が良いとか言われる人は、そのような環境にある伝承的なものなっているのではないでしょうか?だから、同じ教育でも差が出るのではないかと最近気づきました。

実際、起業センスがついた状態で、コンサルを行っているのですが、学生さん&新人さん、仕事を辞めようと思っている療法士だれもが、抽象化とか自己マネジメントを高める指導で成果を出すんです。

成績が上がるという次元ではなく、やる気に満ちてすべきことに向かっていく自律した方に変身するんです。だからコンサルは辞められないんです。

次世代起業家育成セミナーを受ける前と後

私は療法士として独立したいと思っていた時期があります。

当時、稼ぐことを甘く考えていました。お金も稼げなければ、睡眠時間を削って作業して疲れが抜けない、結果がでないので家族の時間が短い、焦りでイライラ過ごす、まったく自由なんて程遠い、満足感のない日々でした。満足感を得たい為、お金を稼ごうとしていたのですが、本末転倒でした。

どれだけ起業センスが低かったんだろうと思います。

お金を稼ぐためのアクションを起こしていましたが、ある時、尊敬している情報発信している方から次世代起業家育成セミナーを紹介されました。たしかにいつか起業をしようと思っていたし、尊敬している方からの紹介だったので、半信半疑でそのセミナーを受けてみました。

次世代起業家育成セミナーの講師加藤先生との出会いでした。加藤先生に言われハッとしたことがあります。

今の職にこだわると、起業で成功しない。あくまでも今の職は人生における点である。

そこから私は療法士として起業することは自分の目指していることではないと気づき、現在、地域包括ケアシステムに関与したいと考え、自分の生きる地域関わる活動をしています。

情報発信、アフィリエイト、療法士育成、管理職、PTA活動、どれも自分の興味のある、地域貢献に関与する分野に力を入れています。自分で言うのもなんですが、セミナー受講後より、人生の6テーマ、特に、お金、仕事、家庭は充実の一途です。

健康に関しては勉強中。どうしても成功体験は楽しすぎておろそか(目標7−8時間睡眠、現在5−6時間睡眠)にしてしまっています。

まとめ(このブログの活動の目的含む)

長文読んでいただいてありがとうございます。

あなたの医療従事者としての知識と実体験は他の同職種の実体験とも唯一無二です。そして、社会は予防医学の時代。あなたの医療従事者としての価値は、あなたが思っている以上に高い。そして、昨今のコロナ自粛で、情報発信に対する受容は高まっています。プロダクトライフサイクル

医療従事者×ネットビジネスは、まだまだ成長期、私もあなたもそんなに変わりません。ただ、業界の成長期を逃すと、参入しにくくなります。つまり、やるなら今なんです。

私自身、臨床実習もギリギリ、入社してしんどい時期もありました。今考えると、理由は明白。5年目で管理職になり、療法士として順調な方だと思います。それでも、現在の状態になるまでに入社して15年が近くなって思うことは、起業センスが高い状態だったら、5年で現状を超えていたと感じます。順調な私でも10年無駄にしたんです。

ネットビジネスに興味があるなら、私と一緒のやり方をしていると10年無駄にするということ。だから、当ブログでは読者さんは数ヶ月での成功するための推奨ルートを紹介してるんです。

読者さんには私のように足踏みはして欲しくありません。なるべく早い時期に自身の起業センスを測定し、今後どうしていくのが良いか考えるのが、あなたにとって最良なんです。

凡人(私)の初回の起業センスは55です。

医療従事者の業務は評価・検証・アプローチをする仕事です。実は、経営の手法にそっくりです。おそらく自分の場合は、療法士としての仕事を通し、起業センスは徐々に上がってきたのではないかと考えています。

そこで思ったのは、徐々に起業センスが勝手に上がるということは、最初から起業センスが高い状態であれば、間違いなくその後の医療従事者としての活動やスキルアップは劇的になる。

私の経験と、起業センスのスコア表より、起業センスが55あれば、副業は自分に適した方法で実践できると考えます。55未満なら次世代起業家育成セミナーの動画を繰り返し見たら良い。約7時間の動画なのですが、20回も見れば、私のようになれます。もちろん、副業だけでなく人生6テーマも意識して生活することができ、日々充実した生活を送れます。

スタートダッシュの時期(学生〜新人時代)で周りから良い評価を得られやすい状態、スタッフだけでなく、利用者様/患者様に受け入れてもらえる医療従事者に育成すること
これからの時代を生きる今の時代にあった社会的な知識・スキルを身に着けていただき、医療従事者だけでなく、独りの人間として社会に求められる視点を身に着けていただくこと
他者評価に振り回され「医療従事者に向いていない」「この職場にあっていない」「何で医療従事者やってんだろう」と自信ない・迷っている医療従事者の状態を、180度変え楽しく変化させること
人生6テーマを意識すると、なぜ今頑張っているのかが明確になり、イヤイヤではなく、自然と今の状況に集中し行動化できます。先輩を一瞬で抜く思考回路ができ、今まで理解し実行することにかかっていた時間を、短縮することができるようになります。PDCAをしっかり自分で回すことができ、他者に流されることなく、自分の考えで自己成長を続けていくことができるようになります。
もちろん、プライベートでもその技術は活かされます。とにかく、私のように、無駄に10年掛ける必要はありません。今、学ばない機会損失は大きいです。最短、たった1日で180度人生変わる人もいます。

実際その検証を読者さんにコンサルで実践し証明されています。読者さんは私のように10年を無駄にせず、環境に屈しない、働き方をも選択できる医療従事者になれる機会が用意されているなんてうらやましい限り。

当ブログコンテンツ&推奨コンテンツ

まずは、起業センスなる医療従事者センスの土台の能力測定を推奨しています! つまり、自己評価ですね! 

起業センスは約7時間の無料動画セミナーを受講することで無料測定できます。起業センスも上がり、ビジネスのノウハウも理解でき、起業センス測定も無料!

やるかやらないか?は当然誰でも迷いますが、一歩踏み出した人(学生さん、新人さん、転職希望者)だけが、明日の今頃、
自分の価値を埋もれさせず、日々仕事だけじゃなく全てにおいて満足感を得て充実した日々を過ごすことができます!

無料なので興味がなければ放置でもあなたは全く損することはありませんが、これを読んですぐ参加してくださる人との差を、独学で埋めるには10倍の期間を要します

あなたはどうなりたいですか?
はじめてのことは誰でも不安になります。私は、ビジネス実施を推奨していますが、ビジネス自体はしなくてもいいんですよ。要は、医療従事者が得意的に一般社会の仕事のことを知らないので、ビジネスについての知識は皆無であり、勉強するだけで患者様に質の高いサービスを価値提供できること、あなたの仕事が毎日楽しく充実したものになるようになることが最も重要なんです。
当ブログ内のリンクより次世代起業家育成セミナーを受講された方にはプレゼント特典が多数あります。次世代起業家セミナーをすでに当ブログ内リンクより申し込まれてしまった方も、後でプレゼント特典請求可能!なので、まずは、無料セミナーの案内だけでもご確認することを推奨します。

療法士向けコンテンツはコチラ↓↓↓

ひっそりとYoutubeはじめました(^^) コチラも無料配信中です。オガジュン特典には、Youtubeで利用した資料、動画、音声もダウンロードできるよう整備する予定です。ぜひ上記、特典付きコンテンツで学んで下さい。特典配布は期間限定ですので、この機会にぜひ行動を起こして下さい。明日は今の行動で決まる!

最新情報をチェックしよう!