研究報告の仕方を身につけよう!

第16回日本言語聴覚協会~臨床力を鍛える。-言語聴覚療法の発展と開発-~の内容で気になった所、言語聴覚士としてお知らせしたいことを紹介します。

ミニレクチャー1 研究報告の仕方 -論文発表・学会発表を効果的にするために-

藤田郁代(国際医療福祉大学大学院 医療福祉学研究科)先生が、研究報告の仕方についてお話ししてくださいました。

研究報告について

  1. 研究の目的は”人々や社会の福利”に貢献すること
    • 社会的意義があるか、学問的意義があるか、倫理的であるか、法的問題がないか
    • 科学的コミュニケーションをとることが重要
  2. 科学的コミュニケーション
    • 客観的、論理的に説明する
    • 追試できるように報告する
    • 事実と意見を峻別する
    • 共通言語を用いる
    • 明解でわかりやすく説明する
  3. 研究の方法論の習得が養成教育で完成していない
    • 研究報告のルールが広く共有されていない
    • 卒業後に意識的に取り組み研磨していく必要がある

藤田 郁代

研究の目的は私は2年制の学校卒で、先生のおっしゃる通り研究の方法論を習得できていません。発表・研究報告を全くしないわけではありませんが、今回のレクチャーで苦手意識が軽減できればと考え受講しました。

パワーポイントでの研究発表の仕方

  1. 順番
    • 題名、背景、目的、対象、課題、倫理的配慮、考察、まとめ
  2. パワーポイント
    • 全体で800字程度
    • 9~10スライド(タイトル含む)、8行以内/スライド
    • フォント24~28ポイント。カラーや線、表、図は最小限
  3. 発表での注意
    • 発表時間7分、質疑応答3分
    • 発表内容とスライドを一致させる
    • 批判されることが発表の目的である(率直に答える)

藤田 郁代

アニメーションの利用は場所によって使い分ける必要がありそうです。発表の方法、まとめ方が分かり、批判されることが発表の目的であることと知ることで、一歩踏み出しやすくなったのではないでしょうか?

紙面での論文発表のまとめ方

  1. 題目
    • 略語は使用しない
  2. 要旨
    • 科学的背景、目的などを踏まえる
    • 簡潔に書く
  3. キーワード
  4. 本文
    1. 【序論】
      • 背景(先行研究など)
      • 目的
    2. 【方法】
      • 対象
      • 再現性
      • 表(縦線を使わない)
    3. 【倫理】
    4. 【結果】
    5. 【考察】
  5. 引用文献
    • 参考文献は必要ない

藤田 郁代

”人々や社会の福利”に貢献することは当サイトのテーマでもあります。口先だけでなく臨床現場でも言語聴覚士としての発表・研究報告を行っていこうと思います。

楽天で【藤田郁代】を検索
amazonで【藤田郁代】を検索

[mwform_formkey key=”843″]

最新情報をチェックしよう!