読書で自分磨き! 電子書籍の魅力について

最近では、芸能人の活躍が目立ちます。芥川賞作品の「火花」又吉直樹が有名です。もともと活字嫌いな私ですが、電子書籍を利用することで本を読む機会が増えました。そんな電子書籍の魅力についてい紹介します。

電子書籍の良いところ

私の中で、電子書籍サービスを使い始めて、一番良かったことは活字嫌いがなくなったことですが、それ意外にも良い所がいっぱいあります。

いつでもどこでも読める

主にスマホを利用し、

  • 移動中など少しの時間で目を通すことができます。
  • スマホのバックライトで布団の中でも読めます。
  • 軽いので腕もつかれません。
  • 興味が無い本はすぐに眠たくなり寝付きが良くなります。

先が気になる本に出会った時は、意外と活字嫌いじゃないのかも? と思い込みだった事に気付かされます。

部屋が片付く

本が減ることで家の中が綺麗になります。

読み返す可能性が高い本は電子書籍版を購入し捨てる、売ることで物理的なスペースが取れ、落ち着く環境を作れる。

タブレット、パソコンなど色々な端末で読むことができます。家族用のアカウントを作って本を購入すれば、購入した本も共有することができます。

最新作も安い

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火花【電子書籍】[ 又吉直樹 ]
価格:1000円 (2016/12/17時点)

「火花」又吉直樹を例に上げ説明します。

  • 紙書籍を店頭で買うと1296円します。
  • 電子書籍だと定価が1000円で、296円お得です。
  • 更に、割引クーポンが使えることが多く現在30パーセントオフを実施しており、700円で購入できます。

私は、楽天カードを使っており、通販も利用しているためポイントがたまったらよく本を買います。ポイントも合わせて500円位で購入しました。最新作を500円なんて書店での購入では考えられません。

また、定価販売が基本の本が、いつでも20%ポイント還元をしており、実質定価の8割の値段で買えるなんてあり得ません。

カッコいい

スマホでゲームをしている人を避難するわけではありませんが、ゲームをしているより本を読んでいる方がカッコいい印象無いですか?

  • 少なくともインテリジェンス。
  • 知識がつき自分を磨くこともできます。
  • 短時間で効率よく他の誰かよりも自分を磨くことができる。

あなたに電子書籍は最適なツールです。

おすすめの電子書籍サービス

私は色々な電子書籍のサービスを活用してきましたが、地方暮らしにとって楽天Koboがお勧めです。その理由以下のとおりです。

  1. 楽天Koboは日本で安定した電子書籍サービスであり、廃止は考えにくい。
  2. 何かしら割引クーポンを利用できることが多く、他のサービスよりも安い事が多い。
  3. 定価販売が基本の本がいつでも20%オフ(楽天スーパーポイントにて還元)
  4. 電子書籍購入でのポイントは楽天サービスであれば何にでも使うことができる。
  5. 特にツルハグループ愛用者の多い地方暮らしの方にとっては、リアル店舗でも使える楽天ポイントが貯まる為、メリットは絶大。

最低20%ポイント還元で年間10000円本に使うとすると2000円ポイント還元。それだけでなくクーポンを使って10〜40%の割引は当たり前なので、もっと得をします。

楽天カード、または、リクルートカードを持っていないのであれば、作ることをオススメします。カードを沢山作りたくないという方にはリクルートカードをオススメします。

どちらのカードも、先のツルハグループで使える楽天Edy(電子マネー)のチャージでもポイントが還元されるのでかなりお得です。(チャージ時ポイントが付くカードは限られています。)

post-917-917.html

post-1069-1069.html

まとめ

電子書籍に興味があるのであれば、電子書籍を活用しない手は無いと思います。

本自体に興味はないけど、知識を付けたい、自分を磨きたいあなたにもオススメです。

コンビニの雑誌コーナーの見えやすいところにおいてある本に惹かれている場合じゃないですよ〜

月に500円の本を1冊買ったとして、年間6000円。最低でも1200円分のポイント還元。10-40%割引は普通です。コンビニの本を手に取る前に楽天Koboをチェックです。

コンビニにある自己啓発本はタイトル惹かれる程度で似た本は間違いなくあります。コンビニで買うのは、どうしても欲しい付録が付いている雑誌くらいにしときましょう。

最新情報をチェックしよう!