【継続のコツ】目標を○○できるものにすると、結果が明白。モチベーションを維持しやすくなる。

行動を継続するためには、目標をつける事が重要であることを紹介しました。

【継続のコツ】目標設定のポイントは〇〇、これを抑えなければ続かない。

今回は、目標達成における影響力(結果/成果による影響)と、影響がたかまる目標設定の方法を紹介します。

目標達成における影響力

テストでいい点を取る、といった目標の場合、行動の頻度を高めるために、刺激-行動のつながりを強める必要があります。

  • 結果がすごくうれしいと
    • 勉強をするぞ!
  • 結果がまあまあだと
    • 勉強はやっぱりした方がいいな。
  •  結果がイマイチだと
    • 勉強やっても意味があるのかなぁ…
  •  結果が残念だと
    • 勉強なんてもうしない!

と具合になりますし、

間食を辞める、といった目標の場合、行動の頻度を減らすために、刺激-行動のつながりを弱める必要があります。

  • 結果がすごくうれしいと
    • もう間食なんてしない!
  • 結果がまあまあだと
    • 間食はやっぱりしない方がいいな。
  •  結果がイマイチだと
    • 間食やめてもも意味があるのかなぁ…
  •  結果が残念だと
    • 我慢なんてもうしない!

といった具合になります。

上記のように、結果によって次の行動が起きるか起きないかの、影響力は変わります。つまり、刺激-行動のつながりが、影響力によって強くなったり、弱くなったりします。

ということは、影響力が高くなる目標を設定すれば、次の行動をコントロールしやすくなります。

よい目標とは具体的

実は先ほど説明で用いた

  • テストでいい点を取る
  • 間食を辞める

目標設定はとして、悪い例になります。きっと、行動をコントロールすることは難しいです。それは、具体性にかけ、目指すものがはっきりしないからです。

目標設定は、具体的なものが良いです。誰が見ても、客観的に、結果が分かるものにするんです。例えば、

  • テストで100点を取る
  • 間食を辞めて10kg体重を落とす

こちらの方が、目標がはっきりします。

ですが、この目標だと、継続は難しいかもしれません。それは、期間が設定されていないので、いつまで?続ければいいのか、モチベーションの維持が難しいです。期間を設定する必要がありますし、その期間において、どのくらいの達成度にするのか?と言ったスモールステップの目標が効果的です。

  • 来月のテストは今よりも5点あげる。
  • 1週間、間食をやめてみて体重を1kg減らす。

これら

  • 来月のテストは今よりも5点あげる。
  • 1週間、間食をやめてみて体重を1kg減らす。

と言った、具体的な目標設定には、達成時の影響力を高める共通点があります…

影響力を高める目標とは○○されたもの

その共通点とは、期間と目標値が数値化されています。

数値化することで、自身で立てた目標が、どの程度の達成度なのかが一目瞭然になります。

  • 1週間、間食を辞めてみて体重を1kg減らす。

1日で150gのお菓子を摂取しないようにすれば、普段1週間で1kg分のお菓子を摂取している人であれば、1㎏体重が減る可能性があります。※1日150gのお菓子とは、ポテトチップスLサイズの物に相当します。

目標を言い換えると、

  • 1日、150gの間食を減らす

となります。結果がどうあれ、「1日お菓子150gを食べない」という目標であれば、1日の目標が達成できたか、出来なかったは明白です。1日我慢ができた段階で、達成感を味わうことができます。つまり、より短い期間で成果による影響を刺激-行動のつながりに与えることができるのです。

人によっては相当な我慢が必要かもしれませんが、我慢をするたびに、我慢できた自分に達成感を味わうことで、自尊心が高まり、モチベーションも維持しやすくなります。

最新情報をチェックしよう!