「私は2年制の養成学校行ってるから、時間もお金もない!」そんなあなた、甘えているか、学校に洗脳されてませんか? 

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”ST.jpg” name=”養成学校の学生さん”]学生の時はお金がないことが問題なんです! 

とツイッターのメッセージなどで言われますが、ハッキリ言って、分かってません。

学生はお金も時間もない!は本当か?

教育ローンをしようが、しまいが、今出ていくお金も、社会人になって出ていくお金も、一緒です。今ないなら、節約&バイトです。

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”ST.jpg” name=”養成学校の学生さん”]バイトする時間がありません。 

そんなことありません。何も、毎日定期のバイトをすべきと言っているのでは、ありません。1万円の専門書が欲しいなら、日雇いをすればいい。

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”ST.jpg” name=”養成学校の学生さん”]課題ができない! 

というかもしれないが、たった一回の課題が遅れただけで、留年するはずはありません。

家庭もちは時間がない!は本当か?

家庭もちの主婦の方にそれは酷ですが、旦那さんに頼みましょう。それができない、シングルマザーまたはシングルファザーの方はあきらめるしかないのでしょうか?

それでも、1万円どうしても欲しいなら手に入れる方法があります。

答えは明瞭。学校を休めばよいです。高校生の時と違って、生活面の評価なんてありません。先生に洗脳されず、賢く生きましょう。出席日数さえあれば、あとは、テストの点です。それで、単位数は確保できるのです。

大学の時のように、合わない先生だから、単位が取れないなんて事はありません。あなたがいかにその分野について理解できたかどうかです。先生で国試の分析やっている人は極まれで、授業を受けたから国家試験に合格するという事は、全くありません。

そうはいっても、子供の体調不良などで、休まないといけないことを考えると、無鉄砲に休みまくるのはどうかと思いますが、計画的に休むのは必要だと思います。それを、馬鹿正直に言う必要もありません。親友だからと言っていう必要もありません。

一応、世間一般には悪いこと該当するので、クラスの友達や先生からはいい顔をされません。言いたいなら卒業してから打ち明けましょう。そして、

[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”L1″ icon=”ST.jpg” name=”養成学校の学生さん”]このブログにそう書いてあったから。 

と、このブログのせいにしてください。

要するに、今必要なことは何か?

あなたも、私も、常に選択しながら生きています。何を選択するか?です。

学校生活は予測しやすいです。だって、スケジュールが組んであるから。

学校は行かないといけないもの? それは義務教育までです。

あとは、あなた自身が選択すればいいんです。ですが、自己責任。計画的に賢く選択していきましょう。

そもそも社会人になれば、専門書を買うのか?

人それぞれです。確かに、学生の時よりお金は回しやすいです。しかし、その分、プライベートは充実しません。

そう考えると、学生の時の方が、時間が作りやすい分、お金を自由に使えると思います。

馬鹿正直に学校に行って、成績が上がる、理解が深まる、なら良いですが、専門学校や大学は、単位がすべてなので、それさえクリアできる条件をそろえればいいです。

明らかに学生の時よりも、専門書を自分で買うことはなくなりました。私は勤務先の図書で専門書を購入してもらえるので、とりあえず購入。お気に入りの専門書が見つかれば、自分でも購入。

大量インプット実現! 時間とお金を節約できる得する最強の勉強ツール!【OpticBook4800】

で電子書籍化して、有効活用します。学校で購入した教科書は、ほぼ売りました。でも、学生の時に、身銭を切って購入した専門書は今も利用していますし、良いものばかりです。

何となくですが、学生の時に出会った、自分で選んだ専門書は運命のようなものを感じます。今も心強い相棒です。

自分の判断に責任をもって選択。何はともあれ、動き出さなければ始まらない。

アルバイトを無理にすることはお勧めしていません。あくまでも計画的にすべきです。そして、自分の判断に責任をもって、選択していくのです。

とはいっても、何はともあれ求人に登録しなければ、何も始まりません。私の経験上、登録すればするほど、日雇いの案件は入ってきやすいです。

アルバイトの検索サイトの登録をして、話が来ても断ればいいので、取り合えず一歩踏み出してみることをお勧めします。以下、オススメです。




[speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”R2″ icon=”profile.jpg” name=”小川準一郎(オガジュン)”]無茶や無理はせず、だけど、学校に洗脳されず、自分の判断でよい選択をしてください。そして、私のように相棒と言える、心強い専門書に巡り合ってください。 

最新情報をチェックしよう!