子供の破れたTシャツをリメイクしてみた。結構いい感じ。Tシャツよりも価値がある?

子供が名札で数回しかきていないカーズ3のTシャツに穴を開けて返ってきました。遊んでいて、引っかかって破れたとのこと。

元気でよろしい!

どちらかと言うと子供本人よりも、私のほうが気に入っていたデザイン。

捨てるのは勿体ない。そうだ、リメイクしてみよう!

完成品

何のひねりもないのですが、イケアのやっすい額縁に切って入れただけです。

それが、ディズニー公認の雰囲気で…結構いい感じ(笑)

子供にきくと…

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”息子”]何で、僕の服、切るだいや〜!(怒)

と怒る始末。

だって、穴が空いてて、あんな服着ていくのは辞めたほうが良くないか?

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”息子”]じゃあ何で、ヨーダはやってくれんかっただいや〜!(怒)

そっち〜???!!!

実はスターウォーズのヨーダのTシャツも同様の理由で破けたのですが、今回のようにリメイクしなかったのです。それを息子は怒っている様子。

ですが、破け方にもほどがあるのです。今回のカーズ3のTシャツは指が2本入る程度。ヨーダのTシャツはと言うと左脇腹〜左の背中が出る状態…写メとっておけばよかった。

今回利用したもの

  • 額縁
  • 破れたTシャツ
  • 貧乏性な気質

これだったら、買ったTシャツの値段くらいで売れませんか? 著作権とかで売っちゃ駄目なのかな? よく分かりませんが、問題なかったらメルカリで売ってみようと思います。

地方のためのIKEA利用法

IKEAには神戸に行った時、よく寄るのですが、持って変えるのが面倒。送料もばかになりません。地方からの交通費を考えたら、結構いい値段を商品に払っていることになる。

そこで私はある時からオンラインの代理店を利用しています。すべての商品があるわけではありませんが、厳選されていて現地で買うよりも時間も費用も楽です。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”あなた”]実物を見ないとなんとも言えない。と感じるかもしれませんが、

  • IKEAの空間がバカデカすぎて、現物を家の中に入れた途端、イメージが崩れてしまいます。
  • IKEAの雰囲気でめっちゃデザインが良いと感じた小物も、家のリビングに入れた途端浮いて見えます。

北欧デザインに憧れる人間はIKEAの魔法にかかってしまいます。IKEAの魔法にかからない方法はIKEAに行かないことです。ですが、IKEAの商品は安くてデザインが良いのも確かです。ということで、

  1. ネットで大きさを調べ、
  2. その大きさのダンボールでもおいて、
  3. 家の中でどのくらいの大きさに見えるか?邪魔にならないか?を試す。
  4. 小物はパソコンやタブレットで大きく表示させ、
  5. 実際において雑多に感じないか?浮いて見えないか?を試す。

IKEAに行って商品を物色するのは楽しいですが、失敗しない、イメージ通りの満足した商品を手に入れるためには、

ショップの方が厳選した商品を、実際に置く場所で確認したほうが失敗がない!

と実感しています。

↑興味のある方は画像をクリック↑

最新情報をチェックしよう!