【継続のコツ】○○を助けて○○の邪魔をする

継続させるために、まず考えなくてはならないのが、どうすれば行動できるのか?ということです。

以下の図を使って、継続のコツを説明していきます。

この図に見覚えのない方は以下の記事をご参照ください。

これであなたも学習上手! 行動をコントロールする基本的な考え方(ABC分析)

行動を見極める

行動の種類によって対応が異なります。まず、どちらに該当するか見極めましょう。

行動が足りない(増やしたい)

これに該当するものは、行動事態が億劫なことが多いです。例えば

  • 勉強
  • 運動系のダイエット
  • 貯金、節約

などなど、行動する気が合っても、なかなか継続できないパターンです。

行動が多すぎる(減らしたい)

これに該当するものは、行動が人間の欲求によって支配されているものが多いです。例えば

  • 趣味に没頭してしまう
  • 我慢できず食べてしまう
  • 余計なものまで買ってしまう

などなど、辞めたくてもやめられず、継続できないパターンです。また、これらの多くが、「行動が足りない(増やしたい行動)」の邪魔をしているケースが多いです。

刺激の頻度、強度をコントロールするには、刺激を助ける/邪魔をする

刺激を増やしたり、強めたりすることで、行動を起こりやすく、続けることができます。これは、行動が足りないパターンでに当てはまります。

例として

  • 勉強
    • 明日の勉強する科目を、机の上に準備しておく(してあげる)
  • 運動系のダイエット
    • 歯ブラシの横に、「スクワット」などの付箋を貼っておく
  • 貯金、節約
    • 貯金、節約をする目的を、トイレに貼って目につくようにしておく

つまり、刺激が起こりやすく、入りやすいように助ける工夫をします。反対に、刺激の頻度を減らし、弱めることで、行動が起こりにくく、継続されにくくなります。これは、行動が多すぎて減らしたいパターンに当てはまります。

例として、

  • 趣味に没頭してしまう
    • タイマーを利用して(セットしてあげる)辞める時間を知らせる
  • 我慢できず食べてしまう
    • 食べ物を買わない。お菓子は手が届きにくいところに置く。
  • 余計なものまで買ってしまう
    • コンビニに行かない(スーパー以上に余計なものが、目に入りやすい環境となっている)。買い物使える時間を減らし、余計なものを見る余裕を与えない。(早く帰ってくるように電話する)

つまり、刺激が入りにくくなるように邪魔をする工夫をします。

まとめ

継続できないパターンと、刺激をコントロールするポイントを知るだけで、継続しやすくなります。

自己管理能力が低いと感じている方も、それは思い込みで、案外簡単にできるものです。

なかなか難しいという刺激は、人間の欲と関係しています。欲が出にくくなるような工夫が継続の秘訣です。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”profile.jpg” name=”小川準一郎(オガジュン)”]継続力がないわけではありません。コツを知らないだけです。一緒に頑張りましょう。[/speech_bubble]

最新情報をチェックしよう!