Windows10 Creators Update版ISOでいち早くインストールの前に・・・

Windows Updateによる更新は4/11からの予定となっていますが、手動インストールしたい方は、Microsoft(マイクロソフト)のサイトから

  1. 直接ダウンロード
  2. メディア作成ツールを利用してダウンロード

1 or 2いずれかの方法でダウンロードした後、インストールすることができるようになりました。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

クリエイター版だけあって、クリエイティブな作業に適した機能が多く追加されます。興味のある方は上記より、インストールしていみましょう。以下、プレビュー版より分かっている変更点を紹介します。

Edgeが進化

Google Chromeを使っている人はすでにある機能ですが、Edgeでもタブ機能が使えるようになります。開いていたページをタブに収納して整理、タブ一覧をプレビューできます。

私は、これができなかったのが2番めの理由で、殆ど使っていません。1番はChromebook、Androidスマホと同期するために、これからもGoogle Chromeを使うだろうとは思います。

しかし、SurfaceではあえてEdgeを使ってみるのも良いかもしれないな〜と思います。

セキュリティ機能が分かりやすくなった

今まではセキュリティ機能がバラバラとしていました。例えば

  • ファミリのオプション
  • デバイスドライバー
  • Windows Defender

など(他にもあります)です。これが、今まで当たり前だと思っていたので、気づきもしませんでしたが、Windows Defender セキュリティセンターとしてセキュリティ機能をまとめて管理可能となりました。

もしかすると、 Windows10 Creators Update の一番の目玉はこれなんじゃないかな〜と思います。

設定画面の改良

今まで、アプリとゲームは一つのカテゴリーで、アプリとして管理されていましたが、これからは、

  • アプリ ⇛アプリと機能
  • ゲーム ⇛Game bar

として別項目となり、設定画面に追加されます。クリエイター版ではVR環境への対応、ゲームの録画/配信など、ゲームに特化した機能も充実しました。

待望のナイトモードの追加

ブルーライトが、眼精披露の原因となっています。スマホと同じようにタブレット型のWindowsも、布団の中でダラダラと利用しようと思ったら、ブルーライトカット機能は必須です。

ナイトモードでは指定時間を設定する事ができます。画面の色は、スマホのブルーライトカット同じで、ややセピアがかった色になります。

時間指定、日の出の時間に合わせ オン/オフ されるのは、とてもありがたいです。

ペイント機能の強化

3DCGがかけるようになりました。その名も「Paint 3D」まんまです。

…いまいち何に使えばよいか、どんな手順で書くことができるか想像もつきませんが、ぜひ、このブログで一度は使ってみたいと思います。

モバイル/タブレットでかなり使いやすくなる予感

Androidモバイル/タブレットにあって、Windows10にない便利さが、このクリエイター版で少し解消されるのが、一番のウリです。

今後は、デザインがかっこよくなるProject NEON(プロジェクト・ネオン)も控えているようです。surfaceユーザーでもある私にとって、こんなに楽しみなことはありません。

もしかしたら、スマホもWindowsに変える日が近いかもしれません。

最新情報をチェックしよう!