種類に分けると、継続できない事は、たったの〇パターン!

継続できない事って色々ありますよね。例えば、

  • ダイエット
    • ついつい甘いものを食べてしまう。
    • ストレッチをやめてしまっていた。
    • 筋トレが続かない。
    • 飲み会に誘われたら行ってしまう。
    • 夕食後のおやつがやめられない。

などなど、あげるときりがありませんが、心が痛くなるのでこれ位にしておきます。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R2″ icon=”profile.jpg” name=”小川準一郎(オガジュン)”]ドキッ[/speech_bubble]

自分の事ではなく、子供だったり、後輩だったり、教えても、うまく継続させることができないこともあります。

  •  子供
    • 提出物を出し忘れる。
    • 片づけない。
    • ゲームがやめられない。
    • 歯磨きをやりたがらない。
    • 朝起きられない。

などなど、教える自分の何がいけないやら、さっぱり??です。むしろ、考えると腹が立ってきます。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R2″ icon=”profile.jpg” name=”小川準一郎(オガジュン)”]イライラ[/speech_bubble]

そこで、継続できない/させられない事を、もう少し分かりやすく分けてみることとします。

継続できない事を種類に分けると…

実は、たったの2パターンです。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L2″ icon=”1.jpg” name=”読者さん”]マジか!?[/speech_bubble]

継続できなくて困っている方ほど、驚いてくれそうです。例えば、上記のダイエットと子供の例で分けてみます。

  • パターン①
    • 提出物を出し忘れる。
    • ストレッチをやめてしまっていた。
    • 筋トレが続かない。
    • 片づけない。
    • 歯磨きをやりたがらない。
    • 朝起きられない。

パターン①は、継続に至っていない事。つまり、やらないといけないのに続かない事です。

  • パターン②
    • 飲み会に誘われたら行ってしまう。
    • 夕食後のおやつがやめられない。
    • ゲームがやめられない。
    • ついつい甘いものを食べてしまう。

パターン②は、継続する状態を邪魔している事。つまり、目的を達成するためには、減らさないといけないのに、辞められない事です。

パターンに分けることに意味があるか?

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”profile.jpg” name=”小川準一郎(オガジュン)”]大ありです。[/speech_bubble]

なぜなら、解決するためのアプローチが大きく異なるからです。「なぜ続けられないのか?」という問題に対し、パターン①であれば、どうにか、増やしていかなければならない。増やしていく工夫が必要です。パターン②であれば、どうにか、減らしていかなければならない。欲求に打ち勝つ工夫が必要です。

ぜひ、あなたが続けられない、続けさせることができない事を、パターンに分けてみてください。まずは、状況を知ることから始めましょう。勘のいいひとは、それだけで、継続するコツが分かります。

[speech_bubble type=”drop” subtype=”R1″ icon=”profile.jpg” name=”小川準一郎(オガジュン)”]さあ! 継続するコツをつかむための門が開かれました。[/speech_bubble]

↑なんだか胡散臭いですが、お付き合いください。

最新情報をチェックしよう!