「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」は違法なのか? そんなのどうでもいいから。

今回は「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」の違法性についてあれやこれや、ネット上でつぶやかれているので、

http://blogos.com/article/200836/

↑ブログについて私の感想をつぶやかせていただきます。

それを指摘する人は何がしたいのか?

私としては、違法であると残念です。

・・・が普通に考えて、松本人志さんが気付いているかは知りませんが、企画の段階で責任者は気付いているはずです。

違法性があるならAmazonで弾かれるでしょうし。

エンターテイメント

エンターテイメントであり、見せ方で視聴者を楽しませるものであり、演出です。当然ギャラが発生しているからです。

また、上記のようなブログが出ることも想定内でしょう。民放ではなくオンデマンドであり、DVDと同じ扱いです。すべての映画に「フィクション」ってかかれているでしょうか?

法律のことを述べているようですが、素人の私からすると…

批判してブログを盛り上げている?

違法性を挙げて、法律について議論したい人だと思います。また、松本人志さんのネームバリューもあって、ブログも盛り上がると考えます。

素人でも分かること、ファンだから言いたくなかったけど我慢できなかったこと

ギャラが発生、演出は当然! 

ファンとしては言ってはいけないけど

あれは「壮大なコント」です。

言った私もやっぱりしらけてしまいます。

ホント、重箱の隅をつつく人々オモンナイです。
[embedyt] http://www.youtube.com/watch?v=4993CJO_Uro[/embedyt]

HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル 予告編

「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」が見えるのはAmazonプライム会員(3900円/年)だけ。興味のある方はこちらより

post-1204-1204.html

最新情報をチェックしよう!