セルフケア! メリハリの付いた生活を送るための頭の整理方法

国家資格でも、民間資格でも、何かのスキルアップでもあなたが何かを達成しようと思ったとき…例えば「国家資格を取って○○になるぞ!」のように意気込んでいます。しかし、多くの方が授業を数日受けたり、その達成に向け実際に進みだすと、その気持は少しずつ薄れます。私もその一人です。

人間は期待する状況を手に入れると満足してしまう動物です。一人暮らしをしている場合はマイペースに過ごすことができ、だらだらしてしまいがち。だらだらは必要ですが、メリハリの付いた生活は送りたい。そのためには頭の整理が必要です。

臨床実習や社会人になってから失敗する方の多くは頭の整理ができておらず、ダラダラと自身に甘いことが多く…と言うより自分の考えがころころと変わる方が多いです。あなたはどうですか? 結構重要なことですので時間のある方、ハッとしたあなたは、それぞれ項目を最低20~30個、自分に嘘はつかず正直に書き出してください。あまり考えすぎず書き出していくのがコツです。

以下、○○という専門家になることを目指した場合を例に挙げていきます。

なぜ○○という専門家になる必要があるか明確にする

「◯◯に将来性のある仕事と言われたから」「◯◯の経験があり言語聴覚士に興味がわきました」では浅すぎます。「今後、高齢者が増え、仕事がなくなることがないから」「◯◯を助けてくれたように、私も人の役に立つ仕事がしたいから」など、少しでも具体的に書きましょう。「地方で就職したい」「安定収入がほしい」「対人相手の仕事をしたい」「週休二日がいい」「定時に帰りたい」など今思うあなたの正直な気持ちを書きましょう。

ここで書くのはあなたの気持ち、正解不正解はありません。本当に○○という専門家があなたの思う職業かどうかも気にせずどんどん書いていきましょう。

○○という専門家になれたらやりたいことを明確にする

上の項目で書いた内容と重複してしまっても構いません。どんどん書きましょう。

「対人相手の仕事をしたい」「休みの日は家族とゆっくりしたい」「○○がほしい」など。「○○になってもできないだろうな」と思うことでも何でもいいです。小さなことから、大きなことまでたくさんあげましょう。

誰も見ていません。立派な内容なんて必要ありません。

達成するために犠牲にすること、達成した時のご褒美をを決める

○○という専門家になるためには何かを犠牲にする必要があります…と言うか、やりたいことの中から犠牲にするものを決め、それを達成したときのご褒美を決めることで、達成した時の高揚感が倍増します。

  • テレビを見ない
  • お菓子を食べない
  • ネットサーフィンをしない
  • 遊び友達と連絡を取らない

些細なことにも「犠牲」にする項目を当てはめていくと良いです。なるべく、「□□を我慢したら△△」と具体的に書くことをオススメします。

  • ここまで読んだら → 撮りためたテレビをみる
  • この点数が取れたら → チョコを食べる
  • レポートを書き終わったら → ネットでSMAPのゴシップネタを読む
  • この資格を取ったら → 遊び友達とUSJに行く

さて、どうでしたか?

以上の3項目に対し真剣に考えれば考えるほど、あなたの目的は達成し易くなります。

あなたが上げた内容に自信を持ちましょう。だらだらした生活を感じたら見直しましょう。気持ちが引き締まります。遊びも大切です。メリハリのある生活では勉強、遊びが両立します。時々、書きだした時と気持ちに変化がないか書き出したものを眺め・必要に応じ修正しましょう。

一方で、これらをやったことで

  • あなたの達成しよう(例;○○になる)と思っていたことが、
  • あなたの叶えたい将来のビジョン(例;これをやりたい)に適していないかもしれません。
  • 実際に一歩進みだして気づくこともあります。もしかしたら学生の場合、養成学校で勉強しているうちに気づくかもしれません。

「○○になるべきなのか?」「なった後何が必要か?」再び考えることになるでしょう。それでいいと思います。

結果と向き合おう!

私の場合、実際に「言語聴覚士になるべきなのか?」と感じ、その時の状況、気分(今の判断力は正しいか?)を正直に書き出し、言語聴覚士を目指し続けるメリット、デメリットを考えました。そのおかげで今、言語聴覚士として働き、私の思う言語聴覚士像に近づいています。

養成学校生や新人の場合、挙げた項目の内容に対し「これが私の答えだ!」と軽率に「断念する・辞める」ことはお勧めしません。なぜなら、そんな人に限って、現状精神的に追い詰められていたり、責任転嫁したりする傾向があるからです。逃げず、目の前の事、今やろうと取り掛かったことをやり遂げることが、今のあなたに一番必要である可能性が高いです。まずは今取り掛かっていることをなし遂げましょう。

結果必要のないことだったかもしれませんが、それ以上にあなたは一つの事を逃げずに達成できたというあなたの人生に最も必要なことを手に入れることができます。今回の実施にこんな傾向があった方も注意してみてください。

  • 書き出す時に正解不正解が気になった
  • 書き出す時に立派な内容にしようとしていた
  • もうやろうと思ったことを辞めようかなと考えた

そもそも、頭が整理されている方は、今回の問いに迷いがなく、進むべき道もぶれない方です。必要のないことに進みだしていることはありません。

やや内容が脱線気味でしたが、今回の実施で実施前よりは「頭が整理されることで今よりもメリハリのついた生活をおくる」ことができるでしょう! 私は大学生活、その後実家に帰って就職、その時の生活はだらだらしっぱなしでした。養成学校に入り再び一人暮らし、だらだらはしばらく続きました。これではいけないと思った時、目標・目的を持つ大切さを学びました。現在、年中バイザーをしていますが、目的・目標がなく、積極的に動けない学生が多いです。そんな学生に、これをさせると、急に顔つき、熱意が変わります。

最新情報をチェックしよう!