子育ての悩みを1/2に!即やりがちな失敗を避け根本解決する方法

悩んだら、まずすべきこと、その後何をしたらよいかスッキリ分かる事を目指します。

[template id=”3248″]

子育てで悩みが出るのは、当たり前。「親になる覚悟が足りない!」と親になる覚悟を問うアドバイザーが時々おられますが、ちょっと引きます。

子供って、異性との恋が愛に変わる瞬間に、授かると言っても過言じゃない!と今回は、こっ恥ずかしい文言から始まりましたが、

当ブログの読者さんの多くが、育児に悩んでいるようなので、心理系専門職ではありますが、本職、言語聴覚士(発達障害者の訓練士、リハビリのプロ)の一面もちらほら見せながら、悩みを抱える親の一人として、投稿させて頂きます。

読めば、子育てのストレスが1/2になることを目指してます、ご意見、ご感想お待ちしています。

子育ての悩みは親になる覚悟が足らないから?

よく、子育ての悩み相談で、親になる覚悟が足りない!とかいう人がいるけど、ちょっと引きます。

子育ての悩み

子どもを作るって、配偶者(異性)との、明るい未来を築く一部分であり、「覚悟」なんて気持ち的にはすでにできてるもの。そりゃぁ、他者からみたら足りない部分は人によってあるかもしれないけど、その時その時でみな本気です。

定義するなら「欲求と一定の覚悟」で子どもを授かっていて、「覚悟」って誰かと比べられないもの、比べてもしようがない物です。

ということで、覚悟が足りない!という、アドバイスに心を痛めている方や、メンヘラになっちゃった方は、そんなアドバイス、スルーしちゃってください(^^)

子育てで悩んだら即すべき!ではないこと

子育てで悩んだ時、一番最初にしないほうが良いのは、他者に相談することです。いきなり相談、特に自分の親に相談は辞めたほうが良いです。親は自分と価値観が近い可能性はあるけど、時代錯誤半端なくて、根本解決に至らないことが多いです。

すべきことは、戦略を立てること。子育てに悩んできた人の分だけ、回答があります。その中には、ドンピシャなことから、誰にでも適する王道なこと、的はずれなこと、色々あります。でも、悩んでいる時に、的はずれなことを、実践したくありませんよね。いきなり誰かに相談してしまうと、それが答え!みたいになってしまいます。リスクを感じませんか?

まずは、戦略を立て、省エネで取り組みましょう。遠いようで根本解決の一番の近道になります。以下は何にでも応用できる問題解決、目標達成のコツです。

戦略ピラミッドとは ※もう知っている方も再確認してください。

戦略ピラミッド

出典:次世代起業家セミナー

[box class=”blue_box” title=”戦略ピラミッド”]
  1. (ミッション=目的)◆◆のために
  2. (戦略)◆◆してこう
  3. (戦術)◆◆を使おう
  4. (実行)実際やってみると

→(結果)こうなった

[/box][box class=”blue_box” title=”重要な順”]ビジョン > 戦略 > 戦術 > 実行[/box]

詳しくはコチラ

ということで、悩んでいる現状を誰かに言ってみる、と行きたいところですが、それが全てになって、それを鵜呑みにしてやっちゃいそうなので、まずは、現状を知って、あなたがどうなりたいか考えて、戦略ねって、どんな戦術でいくかを決めて、実行に移してくださいね。←結構サラッと重要なこと言ってます。

子育てで悩んだら現状を知る

「今」なんで困っているのか? 悩んでいるのか? を書き出しましょう。

思考って、いつも同じ答えが出るわけではなく、色々な状況に応じて変化するものです。頭だけで考えると、消えちゃいます。人間、忘れる生き物なので。だから、書き出しましょう。

[aside type=”normal”]ブレインストーミング風に書き出してみても良いかも(^^)

アイデアを一人で出す時に重宝しています。ポイントは

  1. 中心(テーマ)に関する、思い浮かんだこと(キーワード)を放射状に書き出していく。
  2. 手が止まったら、見返して関係がありそうなキーワード同士を線で結ぶ
  3. 繰り返す ※出てきた内容の良い悪い問わず、さらけ出していくとうまく行くことが多いです。

私が7年くらい前に、自分のライフスタイルが受け入れられなくてイライラが爆発しそうな時に書いたものです。少し恥ずかしいですが、書き方の参考になればと思います。今みてみると、自分の成長がよく分かります。

ブレインストーミング

[/aside]

誰かに相談しなくても、解決できる場合があります。これが一番楽でいいですよね。さあ、今、書いちゃってください。とりあえず、中央のテーマを「あなたと子供の関係と状況」を今できる正しいことを実践してください。

親、時間、仕事、健康、発達、友達、イライラ、暴力、トラブル、学校、幼稚園、保育園、食欲、お金、家計・・・書いていただいた、困りごと、悩みって、様々なことと絡んでいそうじゃないですか?

誰かに相談しよう、とか、このブログを読んでいるようにネットで解決しようと思っている時は、すでにいくつかの悩み事があって、一人でどうにかすることを選んでいる状態。あと5秒でいいので、もう一度、他にも困っていることないか、絞り出してみてください。

↓↓↓

書き出してくださって、ありがとうございます。

キーワードに共通点が見えてきます。

[aside type=”normal”]「あなたと子供の関係と状況」の例

大きなキーワードごとに分けると、経済的なこと、仕事のこと、人間関係のこと、健康とのこと、です。これは、親、子どもそれぞれにあります。子どもが赤ちゃんだろうが、成人していようがです。

例えば、子どもが自分の考えを持てるようになり、集団生活を経験している状態であれば、年少〜成人、ほしいものが何でもほしい欲求、対人でのトラブル、遊び・勉強について他者との比較、体力・病気など自分の体調について

赤ちゃんであれば、お金がほしい欲求はないけどおむつ必要、ミルクがほしい、安心できる人といたい、泣いても気付いてくれない、体力がない、眠たい、発達の幅[/aside]

実は、人生って、誰しも大きなテーマでは共通なんです。当然ですよね人間ですもん。以下、すごく重要なフレームワークなので見てください。私のようにコレを知ってから人生劇的に変わっていく人もいます。

人生フレームワーク ※もう知っている方も再確認してください

人生フレームワーク

出典:次世代起業家セミナー

お金、異性、食事の3つのテーマに絞って生活すると、ストレスほぼゼロ生活をするために何が必要かシンプルに考えることができ、これからどうしていけばよいのかが明確になってきます。

詳しくはコチラ

お金、やりがい、異性、知人、食事、精神、もっと言えば、お金、異性、食事について、具体的にひもとく事をやってみましょう。ひもとく方法の一つが今回紹介した書き出すことです。

それでも分からなければ、相談に踏み切りましょう!

悩み相談をみると頑張って相談したのに「あなたの現状をもっと詳しく教えてください!」と質問されかえされている人も多いです。自分自身の現状をうまく説明できていないから。可愛そうですよね。

上記で提案してきた通り、現状を書き出すことで、適した質問ができ、相談した際は、より適したアドバイスをもらえる可能性が高くなります。・・・が、現状を書き出すことさえ自信がない人も多いのも分かる。ということで、その辺りも含め私に相談していただければと思います。現状把握と戦略を一緒に考えていきましょう(^^)

[template id=”3591″]

子育てで悩みを持ったら即実行!しちゃダメなこと/すべきこと

子育ての悩み

子供を育てる覚悟が足りない!ネット上にはそんな事言う人います。いちいち相手にしていると、気が滅入るだけだし、スルーしましょう(^^)

[box class=”blue_box” title=”子育てで悩みを持ったらする手順”]
  1. 子育てで悩みを持った時、誰かに即相談しない、まずは今後どうするかの戦略を立てる
  2. 子育てで悩みをもっている現状を頭だけで考えず紙に書き出す
  3. できる限り具体的に書き出す、質問すべきことが見えてくる、相談はそれから
[/box]具体的に書き出したり、何を質問すればよいか分からなければ、それ一緒に考えましょう(^^)

子育てなんて常に誰しも初めて、でも、安心してほしいのは、時代にあった子育てのベースには、今までの子育てで悩んできた先人によって知恵も対処法も蓄積されていること。

何よりも、悩んでいるのは一人ではいません。子供の発達/発達障害、ソーシャルスキルトレーニングの専門家(本業:言語聴覚士)の私にいつでもご相談ください。

[template id=”5187″] [template id=”3511″]
子育ての悩み
最新情報をチェックしよう!