ブチ切れそうになる程ストレスフルな時の対処法とブチ切れない方法

虐待の心理 予防と対処
小川準一郎
こんにちは!ストレスほぼゼロになるための情報発信を行っている小川準一郎(オガジュン)です。

いつも読んで下さって、ありがとうございます!

応援お願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックありがとうございます(^^)
(ランキングサイトにジャンプします)

ちょっとした子供の言動にブチ切れそうになるほど、過敏な状態になっている時ってないですか?

頭のなかでは、

  • 子供をボコボコに殴っている想像をしてしまう
  • この子を叩いたら、スッキリするだろうなと考えてしまう
  • あ〜〜〜!!!イライラする、ぶん殴りたい!

避けたいですが、実際、手を出してしまったなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はは子供にイライラしたことがある人が一度は経験したことがあるこのドウシヨウモナイもない感情と対処法について紹介します。

これを読めば、確実にそのような状態におちいる機会は減少していきます。

親だから手を出さないのではなく、手を出さなくて良い精神状態の作り方を知っているから手を出さなくて良い事がわかります。

威嚇した口調の子供にストレスを感じる。ボコボコにしたい。

ボコボコにしたい

もうね、こんな感情の時は、どうしようもありません。

こんな時に、子供と真正面向き合って、会話をしようと思っても、良いことは何一つ起きません。

もちろん、何か解決することもなく、どちらかが手を出すと言うか、心に傷を負うと言うか、ホント話一つ良い方へ進展することはありません。

でも、子供の言動を許す訳にはいかないと感じてしまいます。

結果は目に見えています。

毎日がこの調子。親としてやる気なくなりますし、子供の将来を不安に思うだけで、親としてどうしたら良いかも分からなくなります。

しんどいですよね。実は私の経験談なんで、よくわかります。

今まで手を出してしまったことが数回ありますが、良い結果はありません。

ストレスが確実にほぼゼロへ近づく2つの方法

上記のような事態を

  1. 起こりにくくする予防法
  2. 起きた時の対処法

と2つのストレスを確実にほぼゼロへ近づける方法が存在します。

手を出すほどストレスフルな状態にならない人は、手を出してしまう人の心理を理解できないかもしれませんが、あくまでもノウハウに過ぎません。

親だから手を出さないのではなく、手を出さなくて良い精神状態の作り方を知っているから手を出さなくて良いのです。

子供に手を出しそうになる感情になりにくくする予防方法

「予防」なので、事態が起こりうる場合を予見すれば良いです。

つまり、起きてしまったことを記録し、その原因となった事態そのものを起こりにくくします。

ストレスフルな状態を作らない方法

これで、心がすでに疲れ切っていたとしても、地雷を踏むことなく進めることができるので、大丈夫です。

子供の言動でストレスフルな状態になってしまった時の対処方法

ストレスフルな状態とは、少しの刺激で、精神的な体力の許容量を超えやすい状態です。

つまり、仮に子供の言動を一時的にしのいだとしても、すぐに次の言動で大声を出したり、ブチ切れたりしてしまいます。

例えば、子供からふいに「水飲みたい!」と言われた時、大声で「自分で取りに行きなさい!」と言う。などです。子供にとっては、何か俺わるいことした???→どうせ僕なんか・・・

そんな時は、子供との距離を取りましょう。距離の取り方については、ストレスフルな状態でない時に予め決めておけば大丈夫です。

距離を取る方法は以下を参考にすると良いです。

忙しい時も事前の計画で子供からのストレスをほぼゼロにする方法

 

ストレスフルな状態を避ける方法、対処する方法は理にかなっている

ストレスフルな状態とは、心の体力の限界が近い状態です。

下の図で言うと、心の体力とは忍耐力の部分を意味します。

ピラミッド構造の下位に位置する忍耐力が限界に近い状態とは、忍耐力より上の層は、不安定になっている状態で、本来の能力を十分発揮できない状態です。

無理している状態です。そんな時に限って、最上位の自己評価力は働いておらず状況を悪化させているのは自分であることに気づけません。

ちなみに、精神的な体力より下に、身体的な体力があります。肉体的な疲労が溜まっている時は、精神的な疲労も一気に溜まりやすく、心の容量を超えやすい状態ですので、注意して下さい。

誰でもできる!ストレスフルな時の対処法とブチ切れない方法

親だから手を出さないのではなく、手を出さなくて良い精神状態の作り方を知っているから手を出さなくて良いのです。

なので、虐待をしてしまいがちな人も、自分を責めず、気分の良い時に、予防方法を試してみて下さい。

カッ!となってしまう、起点となる部分を、避けて生活すれば良いだけです。それを、しているかしていないかです。

ストレスフルな状態を作らない方法

避けるにしても、自分自身が我慢する方法に頼るのは、心の容量を超えやすい状態を作ってしまうので、上記の例だと、食事を用意する際に水も用意しちゃうところからすると良いかもしれません。

あなたにとって我慢に値しないところや、誰かに任せられところからです。

すでに、ブチ切れてしまった時は、冷静な判断は難しく、子供との関係は向き合えば合うほど、良い状況を生みません。

  • 誰かに任せちゃうってのが、できないなら、30分でも良いので寝ましょう。
  • 子供の見えるところで、筋トレしましょう。
  • とにかく、今の自分に集中できる状態や、頭を空っぽにするようにしましょう。

これらのことが、ブチ切れた時にできないようであれば、事前にストレスフルな状態の時に意識する、やることリストを作成して目に見えるところにおいておきましょう。

たったこれだけのことで、確実にストレスフルな状態が悪化することや、ストレスフルな状態おちいる機会は減少していきます。

他の即実行できる方法はないの?

そんな時は、有名ブロガーの多くが参加するブログのランキングサイトをのぞいてみると良いです。

成功者の実践的なノウハウがカテゴリー別に日々更新されています。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
私も成功者の情報を仕入れる時は、にほんブログ村を必ず除くようにしています。

どんな人でも、人生の変化は少しの行動から現れます。

今を変えるために最も重要なこと

行動できない多くの人は行動に移さない選択をしています。

最短ルート

今までの状態を変えたければ、今まで行ってきたやり方を変えなければ、何も変わりません。

自分が求めていたノウハウを知っても、その一部分だけ実践する方がいらっしゃいますが、現状は今後も変わらないでしょう。

理由は、あなたが今まで選択してこなかったことにこそ、変化するための答えがあるからです。

小川準一郎
質問しましょう、悩みを吐き出しましょう、変化は目の前、10分もかかりません。文章のうまいヘタよりも、今必要なのは一歩踏み出すこと!

以下のフォームより何でも良いので書きなぐってください。

あなただからできること、それは変化のための選択です。私に全力サポートさせてください。ご連絡お待ちしています。

必須 お名前(ペンネーム可)
必須 メールアドレス
必須 内容 何でも相談感想質問その他
必須 タイトル
必須 内容の詳細(50字以上)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください