我慢のアンガーマネジメントは失敗する。イライラしたら○○を探せ!

アンガーマネジメントの挫折信頼構築法
オガジュン(小川準一郎)
こんにちは!ストレスほぼゼロになるための情報発信を行っているオガジュン(小川準一郎)です。
読者さんへ
「いつも応援クリックありがとうございます!」

  • 当ブログの情報が役に立った!と感じた方
  • 当ブログを応援してやろうかな!と思う方
  • 一緒に高め合いたいブロガーさん

このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックして頂けると大変うれしいです!
(ランキングサイトにジャンプします)

皮膚科の先生に最近ストレスある?って言われたので、「まだまだ自分が子供で、子育てにイライラすることがあります」と正直に答えたら、「子供は癒しだよ、イライラなんてしちゃだめだよ。僕なんていつも仕事から帰ったら、楽しくてしようがないけどなー」と言われました。

  • 先生に聞かれたから答えただけ
  • 癒しの部分があることは知っている
  • 先生のライフスタイルと違うでしょ
  • 先生が楽しくてしようがない事を聞いても私のイライラが解消することはありません

このやり取りで、結構イラっとしましたが、アンガーマネジメント定番のイライラを6秒我慢で何とかなりました。大人同士のやり取りでイラつくことは、アンガーマネジメントで何とかなるのですが、子どもとのやり取りではうまくいかないことがおおい。

今回は我慢するアンガーマネジメントの効果とそれをするならコレってことを紹介します。これを読めば、子供との付き合い方(大人同士にも対応)でイライラすることがほぼゼロになります。

人がストレスを感じるのはどんな時か?

子どもの育児でイライラする部分は、親が思う行動を子供がとってくれない時です。例えば、

  • 親が思うつまらない理由で、殴るけるの兄弟げんか
  • 何度言っても、学校のお便りを朝言われてから出す
  • 親が言ったとおりにやったらうまくいっていたのに、子ども意思を尊重したら、失敗してしまった(おもらしなど)

つまり、ストレスとは自分のコントロールできないことが起きた時に生まれます。

コントロールできないことがストレス

実際の場面では6秒我慢した後に何が起こるか?

アンガーマネジメントでよく言われる6秒我慢することで怒りは収まりますが、それはその後、腹が立つことが起こらないことが前提の条件です。子供の場合、注意してすぐに正しい行動に移したとしても、その後再び同様の過ちを繰り返したり、返事はよくても行動に移さなかったりします。

アンガーマネジメント怒り易く収まりにくい

右肩上がりの赤線の角度が回数を追うごとに急になっていきます。怒りに関する感度は繰り返すことで高くなることを表しています。反対に右肩下がりの青線の角度は緩やかになり、クールダウンに時間がかかること表しています。

つまり、1回目にイラっと来たことは6秒間我慢すれば、あっさりクールダウンできるのですが、2回、3回と回数を重ねると、6秒間の我慢では、感情をコントロールすることが難しくなります。ですので、クールダウンできる前に、普段我慢できるイラっとしたことでも、我慢できなくなります。

ということで、6秒間のクールダウンは理想的な環境では有効ですが、6秒間の我慢をしても、うまくいかない場合は、自分が悪いわけではなく、6秒間クールダウンのテクニックがおかれている環境とマッチングしてないだけの可能性が高いです。

どうやって6秒間我慢を実用レベルに入れ込むか?

要するに、6秒間怒りに向かう意識をどうにかすれば、我慢する必要はありません。「我慢をする」をしない代わりに、「怒れない」に切り替えることができます。そこで有効なのが、

あ~~~~腹立つ~~~~っ!

となった時に、たった今の、または、そこに至るまでの状況での子供の良い所を探しましょう。これをするとどうなるかと言うと、

  1. 探している間は腹が立つ感情から離れることができる
  2. 子供の良い部分を見つけることができる
  3. 子供が自分をイライラさせた要因に気づくことができる/正しい方法を行えるようになる
大人は「なぜ、どうして、そうしたのか?」を子供に問うことが多いですが、そんなこと考えて動いている子供は少ないです。特に、親がそのように子供に問うときの多くは、親の顔は引きつり、子供にがっかりした表情のことが多く、安心して親の話を聞くことができなかったり、悪い行為をしてしまったことに気づいても、親に対して不安感がある状態ではなぜそうしてしまったかまでは、考えが至らないことが多いです。

「我慢」と「良い部分を探す」では親子関係に雲泥の差が生まれる

どんな状況でも探せば必ず良い部分は見つかります。些細なことで良いんです。親は子供の出来る/わかる部分を客観的に理解することができます。子供の良い所でもあります。

親が子供の能力以上を求め、腹を立てているとしたら、親は腹を立てるより、子供のできていない所をできるように支援してあげてはいかがでしょうか? やってあげるではなく、一緒にやる/できるように教えてあげる。親は子供に自身の期待を込めて腹を立てている事が多いです。よい事はないので、もうやめましょう。

それでは、我慢と良い部分探しを比べてみましょう!

6秒我慢し→アプローチ
  1. 6秒間、怒らず我慢できた。=+0点
  2. 子供に「なぜ、どうして、そうしたのか?」聴く。=+0点
  3. 良いことはありません。子供としては、「分からない」「うるさい」「自分は悪い人間だ」となってしまいます。=+0~-1点

VS

良い部分探し→アプローチ
  1. 6秒間時間がたち、親はクールダウンできる。=+0点
  2. 子供の良い部分が見つかる。または、そんな状況に至った経緯や子供の状態を客観的にとらえることができる。=+1点
  3. 親は、子供がしたかったことに気づいてあげられる。親がどのようにサポートすれば、子供が正しくしたい事をやれたのか、伝えることができる。=+0点~+1点
  4. もし、親が完全にクールダウンでき、穏やかな表情で、アプローチできていると、子供は安心できる。子供は親の話を素直に聞いてくれる。=+1点

親の接し方しだいです。我慢(0~-1点)vs良い部分探し(+2点~+3点)と雲泥の差が生まれます。これが毎回行われるとどうでしょう。どちらが良い関係を築いていける親子かは一目瞭然です。

イライラほぼゼロの人との付き合い方

この人とはいい関係を気づいていく必要があると思う大人が対象の場合、今回のような方法をとると良いです。それ以外は、その関係を無理に継続する必要があるかどうかを、まずは判断しましょう。親子関係は良いに越したことはないので、イライラした時は以下を実践しましょう!

良い部分探しと正しい支援方法
  1. 大人でも子供でもイラっとした時は相手の良い所を探しをする
  2. なぜイラっとするような行動に至ったかを考える
  3. 相手がしたいことを支援してあげる

(+α:場合によっては、どうしてイラっとしたかを伝えてもよい)

冒頭で伝えた皮膚科の先生の良い所は、私のためを思って意見をくださる所、子供のことも思ってくださる所、子供にイライラした私を導こうとした所です。

その後、約10年たち今も同様の皮膚科の先生と付き合いがあります。今回のような記事を紹介できるのも、もしかするとその皮膚科の先生のおかげかもしれませんし、相変わらずな先生を見て自分の成長も感じます。

後輩や自分の子供のために、ブラッシュアップした思考やスキルで貢献できることのきっかけになっていることもあり、先生には感謝しかありません。この場を借りてお礼申し上げます。

オガジュン(小川準一郎)
どうでしたか? 試せそうなものは積極的に試してみましょう!

・・・と、その前に、まずはあなたが現在抱えているストレスをほぼゼロにするために、何をすべきか整理することをお勧めします。

あなたが普段誰にも言えないイライラ、もやもやを吐き出し、私が整理する。たった2ステップで、ストレスがほぼゼロに近づきます。些細なことでも結構ですので、いつでもいらしてくださいね。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください