仕事&家事を断捨離で本当に必要なことだけすればいい状態へチェンジ!

断捨離チャレンジ
小川準一郎
ご訪問ありがとうございます。今の自分を突き抜け、ストレスほぼゼロで充実した毎日を過ごすための生き方を、インストールする支援をしている心理系専門職の小川準一郎(オガジュン)です。

いつも読んで下さって、ありがとうございます!

応援お願いします!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリックありがとうございます(^^)
(ランキングサイトにジャンプします)

20代はまだまだ大人になれず・・・30代でようやく大人として、親としての自覚が出てきた辺りから、何だか自分のやらなければならないと感じることが莫大に増え、何だか、イライラ、モヤモヤすることが続きました。

仕事もプライベートもやらないといけないけど、処理できず、やり終えたのか、まだ残っているのかの管理もできず、心は何故か焦り、不安に感じていませんか?

少しでもかすっているようであれば、そんな生活を解決させる良い方法を紹介します。これを読めば、やるべきことをスムーズにこなしていけるようになります。仕事&家事でとても役に立ちます。副産物として、自分の理解力を高め情報処理能力も高まります。いい事だらけ!

よく分からない心のモヤモヤをイライラを感じていませんか?

ストレス過多

仕事に追われ、家事に追われ、ストレス発散をする暇もなく、すべきことをやったのか、やり残しているのかよく分からない毎日を送っていませんか?

情報化社会、各家族が進んだ社会。「あなたに降りかかるすべきこと」「忙しくてできない本当はやりたいこと」が何歳になってもなくなることはありません。

何をどうすれば、よく分からない心のモヤモヤやイライラを取り除くことができるのでしょうか?私の実体験&脳機能のメカニズムをもとに解決方法を紹介します。

断捨離を仕事や家事に応用するといいことばかり

すべきことをやったのか、やり残しているのかよく分からない状態には2つの課題が含まれています。

  1. 今しなくて良いことに力を注いでいる
  2. 今しなくて良いことかどうか理解する力がない

1を減らしたいけど、2の状態なので、できない。

そんな時は片付けで有名な断捨離を、家事や仕事に応用しましょう!断捨離を応用することで、

  • すべきことだけすれば良くなる
  • 脳機能的に情報処理能力がアップして作業効率が上がる

断捨離を応用するポイント

断捨離で片付けをするときのポイントは以下の図のように、今の自分に必要かどうかに焦点を当て、ヒト・モノ・コトを、捨て、断って、近づけないようにさせます。

断捨離を片付けに応用する

※詳しくは断捨離で失敗する人は部屋をキレイにすることが目的の人をご参照下さい。

仕事や家事は、今だけに目を向けていても、うまく行きません。未来も想定した、以下の図のような視点が必要です。

断捨離を仕事や家事に応用する

すべきことが絞られるだけでなく、自分の情報処理能力がアップする

脳機能をプロである私が断捨離をおすすめする理由は、断捨離をすると、自身の物事を理解するスピードが向上する所にあります。きっと、やましたひでこさんは気づいていらっしゃらないのではないかと思います。

断捨離は、ある基準と、断捨離したい対象物を、比較検討するプロセスが必須要件です。

仕事や家事に断捨離を応用するときのポイントとして以下の黄色い部分がある基準となります。

断捨離を仕事や家事に応用する

つまり、重要度は自身にとって高く、現在にも未来にも関係があることであるかどうかを、ある基準として、事物をふるいにかけていくんです。物差しのような感じスケールを自身の中で持ち、物事を当てはめていき、図の黄色の部分に当てはまらないものは、スルーしていきます。

この作業、脳機能的にかなり高度な作業なんです。物事を抽象的なものに一旦分解してから、客観的に捉え、要不要を判断していく。ある基準は日々変化しますし、その基準は曖昧なものでなく、出来る限りぶれないものである必要があります。

なので、すぐに出来るようになる方は、もともと情報処理能力が高い人と言えます。私はもともと、言語能力が異常に低く(国語偏差値30以下の経験あり)決して理解力が良いとはいえない状況でしたが、明らかに物事を構造的に捉え効率よく仕事をこなせるようになった自覚があります。

コツコツと断捨離を継続することで物事を抽象的な表現に変えたり、構造的に考えたりする力がついてきます。以下の図で言うと、緑色の部分の情報収集能力(=理解力)が向上するため、潜在的な記憶力、判断力は変わらなくても、土台がしっかりした分、潜在的な記憶力、判断力を発揮させることができ、生活は激変します。神経ピラミッド

私の場合、難解と感じていた分野の読書をする機会増加&読書スピードが早くなりました。得た知識を生活に応用できるようになりました。断捨離を仕事や家事に応用することを根気よく続けた結果である!と脳機能のプロとして断言します。

断捨離で本当に必要なことだけすればいい状態へチェンジ!

ポイントに気づいて根気良く断捨離を続けることは、あなたに良い結果を導きます。

今回は仕事&家事だけにクローズアップして紹介しましたが、ある基準さえ設定できるようになれば、すべての事物に断捨離を応用していくことができるようになります。

断捨離を仕事や家事に応用する 断捨離を片付けに応用する

この図を見ると当たり前に感じるかもしれませんが、ある基準(=黄色の部分)に気づく力が、抽象的な表現に変えたり、構造的に考えたりする力です。自分で発見するのは意外と難しいものです。まずは、片付けと、仕事や家事に応用するための、ある基準を参考にすると良いです。

ある基準について、ひらめくことができればベストですが、今回のように教えてもらえば、誰でもすべきことかどうかは判断がつきやすくなり、何かよく分からない”すべきこと”に心理的に追われるストレスを感じることは激減します。是非実践してみて下さい。

続けることで、ある基準について、もっと明確に、具体的に立てることができるようになり、本当に必要なことだけすれば良い生活&ストレスほぼゼロの生活を送ることができるようになります。

アドバイスが欲しい方、もう少し詳しく教えたほしい方がおられましたら、気兼ねなくご質問いただければと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください