CATEGORY

言語聴覚士とは

  • 2017年4月4日
  • 0件

福祉住環境コーディネーター2級を持っている言語聴覚士としての役割について ~体験談をもとに~

福祉住環境コーディネーターについて、私は以前、試験を取得するにあたって、デメリットを以下の記事にて、あげていました。 医療・福祉系の民間資格の勉強方法 記事を書いてから、しばらくたっています。その間、臨床で得たことも沢山あります。 福祉住環境コーディネーターとして、というよりは、福祉住環境についての知識を持った、言語聴覚士として、どう自身が思う役割を果たしているかについて、今回は紹介しようと思いま […]

  • 2016年10月8日
  • 0件

言語聴覚士(ST)だけが魅力のある職業ではないですよ。

言語聴覚士(ST)に興味があってこのサイトを見てくださっている方には申し訳ないのですが、医療者の中で言語聴覚士(ST)だけが魅力のある仕事だとは思いません。 働いてから気づいた事 療法士(言語聴覚士を含む)は医療現場で法律的にできることが看護師さんより圧倒的に少ない職種です。実は療法士(言語聴覚士を含む)の仕事は名称独占なだけで実施する分にはどの職種でもやっていいのです。 最近は看護業界に様々な認 […]

  • 2016年10月8日
  • 0件

言語聴覚士(ST)の仕事は訓練だけしとけばよい! んなこた~ない!!

リハビリ(リハビリテーション)として言語聴覚療法、摂食機能療法、集団コミュニケーション療法があります。 リハビリ(リハビリテーション)の専門家という誤解 そうです。その通りです。私が言語聴覚士(ST)を目指した理由の一つに   [speech_bubble type=”fb-flat” subtype=”R2″ icon=”pr […]

  • 2016年10月8日
  • 0件

リハビリ(リハビリテーション)とは? 言語聴覚療法は言語聴覚士(ST)じゃないとできないの?

言語聴覚士(ST)の訓練はリハビリ(リハビリテーション)の理論をベースに行われています。 つまり、言語聴覚士(ST)の行う、言語聴覚療法はリハビリテーションの下位カテゴリーです。 リハビリ(リハビリテーション)とは 病気やケガのせいで障害を負い、もともと持っていた力がなくなったり、発揮できなくなった方が、本来あるべき姿を取り戻すことです。 下の図で説明すると、点線が病気やケガをする前の力。ずと~ん […]

  • 2016年10月8日
  • 0件

言語聴覚士(ST)とは?

 話す、聞く、食べる力を伸ばし生活の質を高めるスペシャリストです。   専門的な検査を行い一人一人に合った適した訓練・指導、その他環境の調整(福祉サービスや道具の提案含む)を行い、能力の獲得・維持・向上を図り、生活の質を高める支援を行います。   ところで言語聴覚士(ST)と聞いてどんなイメージですか?  私は養成学校に入る前と後とではかなり印象が違いました。在学中と臨床でも異なります。 当然予想 […]