四資源の動きを知ればあなたのストレスは今より1/10に減少します

[template id=”3248″]

あなたは年下の方にアドバイスを求められた時、何年下の歳の方くらいまでなら、適切に答えることができますか?

せいぜい24年というところでしょうか?

そうなんです。世代(親↔子の年の差)くらい歳が違うと、何が適切なアドバイスなのかわかりません。

ということは、色々な分野の諸先輩方は、我々の世代が何に悩んでいるのか良く分かっていません。

そのくせ言いたいことは言う。

だから、親切に教えてくださっている人へも内心は「知りもしねぇーで、勝手なこと言ってんじゃねーよ」と言いたくなる時があります。

ストレス~~~~!でも、世代が異なることで起こる理解のしにくさの原因を、あなたに説明できますか?

まずは知ることが大事!これを機にしっかり勉強をしていってください。

という事で今回は、今を生きる我々が受けるストレスについて、説明します。

理由が分かれば、今後のストレスの受け方/流し方が変わりますよ。

今と昔で圧倒的に違うのは社会資源

社会資源って知ってますか?

[box class=”blue_box” title=”4資源”]人、モノ、金、情報

のことを指します。「知らなくていいや」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。今の時代の流れに沿う生き方ができる人が、圧倒的に成果をだし、楽をします。川の流れに逆らって泳ぐのは容易ではありません。

反対に流れに沿って泳ぐと少ない力で泳ぐことができます。時代の流れに沿っていない考えやノウハウが結果を生みにくく、ストレスを負いやすいです。

今は情報社会であり、1~2世代前の方々と扱う資源が異なる。現代のノウハウが昔の人に理解されにくいのは、扱う資源が変わって来たと言うことにあります。

情報社会は扱う資源の移動スピードが速い

人、モノ、金、情報、という4つの資源ですが、移動しやすい順に考えると、どうなりますか? 物理的な要素に着目してみてください。大きさ、重さ、物体、非物体など…答えは

[box class=”blue_box” title=”移動しやすさ”]人 < モノ < 金 <<< 情報

特に、情報ですが、他の資源と異なり電波で移動するため圧倒的なスピードです。

情報社会は扱う資源の量が圧倒的に多い

現代の技術を駆使して、資源を大阪から東京に運ぼうと思ったら、どの順番でたくさん運べると思いますか?…答えは

[box class=”blue_box” title=”同時に運べる量”]人 < モノ < 金 <<< 情報

人は移動に関して、とにかく不便な物体であることが分かります。モノもお金も似たようなもんですね。情報はと言うと、簡単です。メールでポン。一瞬で多量に送ることができます。

技術革新のたびに情報以外の資源も活用しやすくなる

勘のいい人は気づいたかもしれませんが、技術革新のたびに、資源は活用しやすくなるなっています。例えば、

  • 人間は徒歩から飛行機。
  • モノは人から飛行機。
  • お金は石、紙、電子。

技術に合わせ、どんどん使いやすくなっています。人間にとっても便利な事は増えますが、果たして良いことばかりなのでしょうか?

昔より今は社会から受けるストレスの量が比にならないほど多い

人間のスペックは変わらないのですが、扱わないといけない量はどんどん増えていきます。時代の流れに沿っていない考えやノウハウを利用している人は、ストレスを負いやすいです。時代の流れについていけない(いかない=ストレスを避ける)ことは人間として普通の事です。なので、

[box class=”blue_box” title=”ストレスを避ける方法”]
  • 時代の流れに沿った思考法を学ぶ
  • 時代の流れに沿ったノウハウを活用する
  • 自分のストレスの原因を特定する
[template id=”3265″]
情報社会
最新情報をチェックしよう!